現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミエンタメ

フィリピン映画のカルトなパワーを知れ!

2007年11月02日

 「東京国際シネシティフェスティバル2007」が23〜25日、東京の新宿ミラノ1で開催される。注目は、カルトなパワーあふれるフィリピンのSF2本だ。(アサヒ・コム編集部)

写真

フィリピン・パワーよ

写真

「シャシャ・ザトゥーナ」(06年、フィリピン)から

写真

「スーパー・ノイピー」(06年、フィリピン)より

写真

開幕作品「テラビシアにかける橋」(07年、米)。現実社会になじめない少年と少女が、小川の向こうの森を「テラビシア」と名付け、想像の世界で遊ぶ

写真

閉幕作品「ウォーター・ホース」(07年、米)はスコットランドが舞台。少年が拾った卵から生まれたのは伝説の海獣「ウォーター・ホース」。アンガスと名付け、友情で結ばれるが・・・。

写真

「エクスクロス 魔境伝説」(07年、日)は深作健太監督によるホラー。あやしげな雰囲気ただよう温泉地に旅行に来た女性2人が何者かに襲われる

写真

「デイ・ウォッチ(原題)」(06年、ロシア)はモスクワを舞台に、中世から続く「光」と「闇」の闘いを描くダークファンタジー

 シネフェスの前身は、ホラーやSFなど娯楽作中心の東京国際ファンタスティック映画祭。香港、インド、韓国などの作品を積極的に紹介してきた東京ファンタにならい、今年のシネフェスはフィリピン映画をプッシュする。

 「シャシャ・ザトゥーナ」は、ぶっ飛んだキャラクターが魅力のレズ&ゲイSFミュージカル。ゲイのアダが、空から降ってきた不思議な石を飲んだことで、とびきりの美貌(びぼう)とパワーを持つスーパーヒロイン「シャシャ・ザトゥーナ」に変身! 巨大ガエルやゾンビの群れ、男嫌いの女王フェミーナと闘う。

 「スーパー・ノイピー」は、伝説のスーパーヒーローを親に持つ少年少女6人が、念力、透明化、変身、怪力といった超能力を駆使し大活躍する物語。

 このほか、今年から「世界のCMフェスティバル」もプログラムの一つに加わった。パリで生まれ、日本でも開催9年目を迎える人気イベント。世界各国の傑作CM500本をオールナイトで楽しむ。

 オープニング作品は児童文学を原作とした米映画「テラビシアにかける橋」。主演ジョシュ・ハッチャーソンとアナソフィア・ロブが来場する予定だ。

PR情報

このページのトップに戻る