現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミエンタメ

朝の連続テレビ小説「瞳」、クランクイン

2007年11月19日

 平成20年前期のNHK連続テレビ小説「瞳」がクランクインし、主演の榮倉奈々さん、西田敏行さん、飯島直子さんらが19日、主要な舞台のひとつとなる住吉神社(東京都中央区)で会見を行った。(アサヒ・コム編集部)

写真

連続テレビ小説「瞳」 左から飯島直子さん、榮倉奈々さん、西田敏行さん

写真

「一本木瞳」役の榮倉奈々さん

写真

友達のような親子を演じる飯島さんと榮倉さん

写真

榮倉さんに「おしゃれなおじいさんでうれしい」と言われ上機嫌の西田さん

 舞台は東京都中央区佃・月島。下町人情あふれる町で西田敏行さん演じる祖父と共に里親として3人の子供たちと暮らすヒロイン・瞳を榮倉奈々さんが演じる。

 この日は会見前、祖母の葬儀のため、北海道から上京した瞳が、出場できなかったダンスオーディションを思いながら、佃公園で一心不乱に踊るシーンの撮影があった。

 ヒップホップダンスに夢中な女の子役ということで、榮倉さんはクランクイン前に2カ月みっちりダンスレッスンを受けたという。「これからもダンスシーンがたくさんあるので頑張っていきたい」と熱意を語った。

 瞳の母親役の飯島さんは「若くして結婚した役で、こんな大きな子どもがいるお母さんですが、友達のように仲良く演技させてもらっている」。

 洋品店を営んでいる祖父役の西田さんは「自分の趣味も採り入れておしゃれなおじいさん像を作り上げたい。髪を伸ばしてワイルド感を出している」。撮影現場では地元の人たちから「テレビで見るよりずっとステキ」と言わるといい、「気分良く撮影させてもらっている」と笑いを誘った。

 放送開始は来年春を予定している。

PR情報

このページのトップに戻る