現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミグッズ

築地市場のキティちゃんバッグ

2008年01月05日

 東京の築地場外市場(中央区)でしか買えない、サンリオのキャラクター「キティちゃん」のエコバッグを、同地区の商業団体などでつくるNPO法人「築地食のまちづくり協議会」が作った。キティちゃんがマグロを持ったり、荷物を運ぶ3輪自動車「ターレット」に乗ったりと、築地や市場を連想するデザインにこだわった。協議会は「築地のおみやげにしてほしい」と話している。

写真

2種類のエコバッグと、製作に携わった大澤一之さん=東京都中央区築地4丁目で

 築地を訪れる観光客に喜んでもらおうと、場外市場で働く「若だんな」と呼ばれる同協議会の若手メンバー約20人が、築地限定グッズの開発を思いついた。キティちゃんは幅広い年齢層に人気がある。加えて築地には女性の客が多く、布製のエコバッグを作れば買った品物を入れて歩くこともできると考えた。

 築地でよく目にするものや築地をイメージするものとして、ターレットやマグロのほか、番号札が付いている競りに使う帽子、魚などを運ぶ大きな台車、竹製の買い出しかごの図柄も採り入れた。実際に使われているところを写真に撮り、デザイナーにイメージをふくらませてもらった。

 できあがったバッグは2種類。一つは赤い生地にマグロを手にし、競り用の帽子をかぶったキティちゃんが大きくプリントされている。番号札は「ハローキティ」をもじって「86―KT」。もう一つは、ベージュの生地にピンク色のキティちゃんがたくさん印刷されている。一見目立たないが、よく見るとターレットに乗って魚を運んでいたり、大きな箱を乗せた台車をひいていたり。竹かごの中から顔を出しているキティちゃんもいる。

 バッグは小さく折りたたむことができて持ち運びに便利だ。いずれも840円(税込み)。同区築地4丁目の波除通り沿いにあるコーヒー店「インフォコーヒースペース ヨネモト」で販売している。

 問い合わせは同協議会(03・3541・9444)へ。

PR情報

このページのトップに戻る