現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミレジャー

氷ブロック3000個で造った輝く建造物

2008年01月13日

 長野県茅野市で第11回蓼科高原クリスタルフェスティバル「白樺湖氷燈祭」が開かれている。幅35メートル、奥行き31メートルのテント内には、「中国・ハルビン」をテーマに、氷で造られたソフィア教会や極楽寺、旧ハルビン駅などが並び、緑色やピンクなどの光のファンタジーの世界を演出している。

写真

氷ブロック3000個で作り上げられた光のファンタジーに入館者たちもうっとり=白樺湖畔のイベントホールで

 1個約135キロの氷ブロックが3000個使われ、地元のコックさんら氷職人18人が製作、スタッフ約300人がサポートした。低温管理が行き届いたテント内だけに、氷像が傷まずに2月17日まで見られる。会場整備料金として大人600円、小学生以下300円。

 14日の「道祖神どんど焼き」など、地域の伝統行事が楽しめる企画が目白押しだ。

 問い合わせは白樺湖観光協会(0266・68・2848)へ。

PR情報

このページのトップに戻る