現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミグッズ

ウカール、ハイレルモン…キットカットに続く合格菓子続々

2008年01月19日

 大学入試センター試験が19、20日に行われるなど、受験シーズンはいよいよ本番だ。食品メーカーは「合格」を連想させる商品を相次いで発売し、スーパーやコンビニには「受験応援コーナー」ができている。昔からおなじみの商品もご利益がありそうな名前やパッケージに変身。各社が知恵をしぼっている。(アサヒ・コム編集部)

写真

カナエルコーン。右はホワイトミルク味。

写真

お守り袋デザインの「ウカール」うすあじ。他にチーズあじ、カレーあじも

写真

こちらはスティックタイプ。とん「かつ」ソースあじ。

写真

ハイレルモン

写真

合格するぞ!ハッピーターン

写真

受験に勝ちの種

 明治製菓(本社・東京都)は、今年発売40年となるスナック「カール」のパッケージをお守り袋に見立て、頭に「ウ」を付け「ウカール」として発売中だ。今回は新たに、とん「かつ」ソース味のスティックタイプも加えた。

 また、「ハイレモン」のビタミンC成分量を3倍にし、商品名をズバリ「ハイレルモン」と変えて発売している。

 同社によると、合格祈願をうたったカールの販売は01年から。受験モノは、消費者からも小売店側からも好評だという。

 東ハト(本社・東京都)は、1971年発売の「キャラメルコーン」のパッケージを変えた「カナエルコーン」を発売している。これまでダルマの絵柄だったが、今回は合格祈願のお守りを持った紅白のまねき猫にした。「猫が願い事をかニャえて(かなえて)くれる」とか。

 亀田製菓(本社・新潟市)は、1976年発売の「ハッピーターン」を「合格するぞ!ハッピーターン」として、また1966年発売の「ピーナッツ入り柿の種」を「受験に勝ちの種」として、期間限定で販売。どちらも個包装に、受験生へのメッセージやおまじないが印刷されている。

 「勝ちの種」はもともと、同社が公式スポンサーのサッカーJ1・アルビレックス新潟の応援商品。社員が発売前の07年11月、地元・新潟市の神社に両商品を持参して「合格祈願」をしたという。「おかげさまで今年もご好評いただいております」と同社。

PR情報

このページのトップに戻る