現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミレジャー

漁師も気味悪がる白いナマコ

2008年01月25日

 岩手県宮古市の重茂半島などで見つかった白いナマコが同市の県立水産科学館に寄贈・展示され、注目を集めている。

写真

ナマコ

 1匹は昨年11月末に、重茂半島の音部漁港近くで地元の漁師が見つけ、同館に持ち込んだ。体長10センチほどで、一部はあめ色だが、ほぼ全身真っ白。さらに16日にも、同市の女遊戸沖で、全身の突起部分が白い体長12センチほどのナマコが取れ、持ち込まれた。

 いずれも、もともと色素が欠落しているらしい。冬の漁期にまれに取れるが、たいていは、漁師さんが気味悪がって海に戻すようだ。

 大のナマコ好きという同館の伊藤隆司館長は「味はふつうのナマコと変わらないと思う。たくさん取れるなら食べてみたいけど、珍しいナマコですから……」。

PR情報

このページのトップに戻る