現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミオススメ

現代日本の貧しさここに 反貧困映画祭

2008年03月09日

 現代日本の貧困を取り上げた映画や映像を上映する「反貧困映画祭」が29日、東京・一ツ橋で開かれる。学生時代などに誰もが経験するお金の乏しさではなく、頼る人がいない中での本当の貧しさ。深刻な実情を、映像を通して訴える。(アサヒ・コム編集部)

写真

映画「赤い文化住宅の初子」の場面(C)松田洋子・太田出版/2007『赤い文化住宅の初子』フィルムパートナーズ

写真

映画「赤い文化住宅の初子」の場面(C)松田洋子・太田出版/2007『赤い文化住宅の初子』フィルムパートナーズ

写真

松田洋子「赤い文化住宅の初子」(太田出版)

 映画祭は、貧困問題に取り組む市民団体や、労働組合でつくる反貧困ネットワークが主催する「反貧困フェスタ2008」の一環として開催される。

 映画祭の運営を担当するレイバーネット日本は、ネット上で貧困や平和問題に関するニュースを発信している団体。催しの案内や、労働組合などの活動を、動画を交えて配信している。

 映画祭では、松田洋子の漫画を映画化した「赤い文化住宅の初子」(タナダユキ監督)が上映される。主人公の初子は、父親が失跡、母が過労死し、兄と2人で暮らす中学生。電気も止められる生活のなか「がんばれない」女の子の姿を描いた。

 企画した河添誠事務局長は「単にお金がないだけではない。孤独による苦しみも表現している作品」と解説する。

 他にも、不払いの残業代を会社側に求める交渉や、児童扶養手当の切り下げに反対する抗議活動を記録した映像も上映される予定だ。

 「映像には、興味がない人も感情移入させられる力がある。他人事ではないと思わせるには効果的な手法」と河添さん。

 次回からは上映本数を増やし、監督と観客が質疑応答できる場も設けていく予定だという。

 映画祭は3月29日午前10時から、千代田区立神田一橋中学校(東京都千代田区一ツ橋2−6−14)で。フェスタの資料代として500円が必要。

PR情報

コミミにツッコミ!

この記事についてツッコミ!

Web投票

結果を見る

(^0^) 面白い 21.8%(12人)
('-'*) なるほど 29.1%(16人)
(@_@) もっと詳しく 20.0%(11人)
(^o^;) はぁ? 12.7%(7人)
(-_-;) がっかり 16.4%(9人)

投稿はこちらから みんなのコメント

2008-05-11(Sun) 呑酔亭酩酊さんの投稿

 監督が何をどう表現しようとしているのか。その基底に流れるものに社会的なメッセージ性を認める場合、両極に評価が分かれるのは致し方ないことかもしれない。
 観客に要求されるのは、どのようなメッセージをどう受け取り、そのことで自分がどう変わったのか、あるいは変わらなかったのかではないかな。
 しかし、貧困ってのは、政治思想の問題ではなく、胃袋の問題なんだな。胃袋に食い物を詰め込むことができる人間に、空腹が理解できるのだろうか?

2008-03-28(Fri) うまさんの投稿

ここで紹介されてる映画は父親が失跡、母が過労死し、兄と2人で暮らす「中学生」が主人公なわけです。兄だっておそらく高校生でしょう。

そんな彼らに対し「働かざるもの食うべからず」ってコメントすることが適切だとはとても思えません。その心証自体、理解に苦しみます。

2008-03-16(Sun) 朝昼ような生地さんの投稿


正業にもつかないで生活保護、ニートをもてはやして
税金で生活をしようと薦める記事を用意するのは
びっくりだわ。
何でも反日、反政府を掲げていればよいという風習。
新聞記者のレベルが非常に低いので嘆かわしい。

コメントの投稿はこちらから

投稿フォーム
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【コミミにツッコミ投稿規約】

「コミミにツッコミ」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムの「コミミ口コミ」に掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「コミミにツッコミ投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.免責事項

投稿者は自らの責任において本コーナーへ投稿するものとし、投稿を原因として他の投稿者または第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

7.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

(2008.3.7実施)

このページのトップに戻る