現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミネット

携帯フィルタリングは万能か 東京でシンポ

2008年03月18日

 携帯有害サイトから子どもを守るすべはあるのか。「大人こそネットの初心者」「子どもと向き合わない親も問題」――。東京都港区であったフィルタリングについて考えるシンポジウムでは、規制よりも与える側への注文が相次いだ。(アサヒ・コム編集部)

写真

シンポジウムでは熱心な議論が交わされた

 シンポジウムはNTTドコモが設立した社会科学系研究機関「モバイル社会研究所」が主催し、7日に開かれた。ネット事業者ら約130人が集まった。

 シンポジウムでは、ネット教育アナリストの尾花紀子さんが「携帯を与えた後、ルールを守らせない親に責任があるのではないか」と問題提起。「家庭での対話を抜きに規制を強めれば、ネットカフェなど、より目の届かない所に子どもを追いやる」と述べた。

 コンテンツ制作などの日本技芸でIT市場の分析をしている濱野智史さんは、オークションを装った出会い系サイトの例を挙げ「コミュニケーションは規制できない」と指摘。「学校裏サイトも含め、もっとネットに触れて、情報を読み取る力であるリテラシーを高める方法を考えるべきだ」と提案した。

 批評家の荻上チキさんは、不登校児を励ますサイトなど、学校外サイトの利点に注目し「フィルタリングを強めると、生まれたはずのコミュニケーションの可能性もつぶしてしまう」と訴えた。

 会場からは「規制をする親の方がネットに詳しくないのでは」という質問も飛んだ。

 尾花さんは「誰かが規制をして安全にしてくれるという発想ではなく、親自身が何とかしようと動くことが必要」と回答。濱野さんは「新しいテレビゲームを遊ぶ前にルールを一通り覚えるように、大人も子どもも、ネットの世界に入る前には習熟期間が必要」と答えていた。

PR情報

この記事の関連情報

    コミミにツッコミ!

    この記事についてツッコミ!

    Web投票

    結果を見る

    (^0^) 面白い 6.3%(1人)
    ('-'*) なるほど 56.3%(9人)
    (@_@) もっと詳しく 25.0%(4人)
    (^o^;) はぁ? 0.0%(0人)
    (-_-;) がっかり 12.5%(2人)

    投稿はこちらから みんなのコメント

    2008-03-18(Tue) もこさんの投稿

    親はただネット社会を否定するのではなく、バランスを取って共存する道を選ぶべきです。
    そのような意味では、尾花紀子さんの意見は非常に参考になるものでしょう。

    新しいメディアはどうしても、負の面ばかりがニュースに取り上げられる傾向にあります。
    そのためそのニュースの評価とは別に、各々の親は子供と社会の多様性を理解しつつ、
    新しいメディアを分析する必要が出てきます。

    親は、自分自身も勉強をしなければいけない時代が到来したことに気付くべきでしょう。

    2008-03-18(Tue) 元穴井ファンさんの投稿

    この手の話を聞くたびに、無知とは怖いなぁと感じる。ネットは有害ではなく、情報を取捨選択する能力が求められる。新聞を斜め読みするように、必要な情報だけを拾える能力が必要だと思います。
    大人たちの無知ぶりはあきれる。月300円ほどで子供がネットと親しめる=情報の選択を学習できるようになるのに、それすら知らないというのは、毎回の総務省の調査でも出ている。
    情報の取捨選択を教えるのを放棄した大人が、駅売りのスポーツ新聞を買っているのだ。そのほうが問題ありなのではないか。

    2008-03-18(Tue) 会社員さんの投稿

    子供を携帯有害サイトから守るといっているが、子供から有害サイトに入るというのが殆どと言うではないか。いじめの道具に使われるなど、いいことは聞かないし子供が携帯電話を持っている意味が分らない。

    コメントの投稿はこちらから

    投稿フォーム
    (必須)
    (必須)200字以内を目安に入力してください。
    投稿規約
    【コミミにツッコミ投稿規約】

    「コミミにツッコミ」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムの「コミミ口コミ」に掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「コミミにツッコミ投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

    1.掲載および削除

    次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

    (1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

    (2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

    (3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

    (4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

    (5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

    (6)営利目的や広告目的とみられるもの

    (7)悪質なウェブページのURLを含むもの

    (8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

    (9)その他、本規約に反するもの

    2.二重投稿の禁止

    他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

    3.コメントの紙面等への掲載

    コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

    4.投稿後の修正・削除

    投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

    5.著作権

    コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

    6.免責事項

    投稿者は自らの責任において本コーナーへ投稿するものとし、投稿を原因として他の投稿者または第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

    7.規約の変更

    本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

    (2008.3.7実施)

    このページのトップに戻る