現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミグッズ

キティちゃん、海外展開中 ハワイ・韓国にも本格進出

2008年04月11日

 キティちゃんが各地の特産物に変身する「ご当地キティ」。青森のりんご娘、静岡のみかんなど、国内では数え切れないほどに増えたが、昨年からは韓国とハワイにも本格進出。他のアジア圏にもさらに広がりそうな勢いだ。(アサヒ・コム編集部)

写真

韓服で正装したダニエルとキティ。右端は大邱(テグ)のりんごキティ

写真

左から、釜山(プサン)・チャガルチ市場の魚、全羅道(チョルラド)の緑茶、済州道(チェジュド)の海女

写真

左から、京畿道(キョンギド)・利川(イチョン)のやきもの、慶尚道(キョンサンド)・盈徳(ヨンドッ)のカニ、忠清道(チュンチョンド)・大田(テジュン)の高麗人参

写真

左から、済州道(チェジュド)のみかん、江原道(カンウォンド)のイカ

 日本各地の「ご当地キティ」は現在、約1800種類。売り切れのため手に入らないものなども含めると、2千種類を上回る。

 これらの企画・製造をしているのは「あすなろ舎」(本社・神奈川県大和市)。権利をもつサンリオの許諾を得て01年からハワイ、03年から韓国向けに海外「ご当地キティ」の製造・販売を開始。ハワイでは一昨年末、韓国では昨年の春先から、品ぞろえの充実や流通など本格的に力を入れ始めた。

 同社によると、韓国限定は12種類。チマ・チョゴリの正装をしたソウルのキティをはじめ、済州道(チェジュド)の海女、大邱(テグ)のりんご、京畿道(キョンギド)・利川(イチョン)のやきものなどのキティがある。ぬいぐるみやストラップ、ハンカチ、ノートになっている。

 ハワイ限定は4種類。ワイキキのナンバープレートを持ったり、ハワイの神様であるティキに変身したり。

 いずれも空港や免税店など、現地で買うことができるが、価格は日本に比べて高め。ストラップでは、最大1.5倍程度という。日本で製造して輸出するため、コストがかかり、数も少ないためだ。同社は今後、中国・アジア圏での展開を企画しているという。

PR情報

コミミにツッコミ!

この記事についてツッコミ!

Web投票

コメントの投稿はこちらから

投稿フォーム
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【コミミにツッコミ投稿規約】

「コミミにツッコミ」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムの「コミミ口コミ」に掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「コミミにツッコミ投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.免責事項

投稿者は自らの責任において本コーナーへ投稿するものとし、投稿を原因として他の投稿者または第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

7.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

(2008.3.7実施)

このページのトップに戻る