現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミ鉄道

京成、新型スカイライナーを発表 成田と都心が36分

2008年04月09日

 京成電鉄は9日、2010年度に開業予定の成田空港アクセス新線を運行する特急スカイライナーの新型車両のデザインと運行計画を明らかにした。(アサヒ・コム編集部) 〈写真特集〉はこちら

写真

舞台中央に展示されたモックアップ

写真

舞台全景。右は新しいロゴ。「S」は、風を表すという

写真

車両のイメージ映像

写真

記者発表では、山本寛斎さんとタレントの上戸彩さんがトークをする場面もあった

 新線は、北総線の印旛日本医大駅から成田空港までの19.1キロ。国内在来線での最高となる時速160キロでの運転ができるよう設計されている。それに対応する車両として、京成電鉄は、開業までにスカイライナー用の新型車両を8編成64両導入する予定だ。

 運行計画によると、日暮里―空港第2ビル間を、現行の51分から15分短縮し、36分で結ぶ予定だ。停車駅は、京成上野、日暮里、空港第2ビル、成田空港で、新線区間はすべて通過する。開業時には、成田空港駅からは1時間あたり、新線経由のスカイライナー3本、同じく新線経由の特急(通勤車両)3本、それに現在の京成本線経由の特急(通勤車両)3本が運行され、大幅に本数が増える。

「世界の主要な空港と比べても遜色のないアクセスが実現できる」(花田力社長)

 現在の京成本線を走るスカイライナーの存廃については、「朝夕に走る『モーニングライナー』『イブニングライナー』は、存続の方向で検討中。昼間のスカイライナーも一部残るかもしれない」(同社運転計画課)という。

 車両のデザインは、アーティストの山本寛斎さんが手がけた。山本さんも会見に出席し、「デザインにあたって、武田信玄の『その速きこと風のごとし』をイメージし、『風』をコンセプトにした」と話した。

 都営地下鉄浅草線などに直通する設備は持たない。現行のスカイライナーには、地下鉄線との直通設備が設けられているが、これまで直通運転は実現していない。

 これについて、花田社長は、「残念ながら、都営浅草線に追い越し設備がないため、運行は難しい」と説明した。

 また、現行のスカイライナーには、喫煙車があるが、この新型車両は全車が禁煙となる。

 この日の発表会には、タレントの上戸彩さんがゲスト出席。新車の印象について聞かれ、「かっこいいですね。走っているところが早く見てみたいです」と話した。

PR情報

コミミにツッコミ!

この記事についてツッコミ!

Web投票

コメントの投稿はこちらから

投稿フォーム
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【コミミにツッコミ投稿規約】

「コミミにツッコミ」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムの「コミミ口コミ」に掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「コミミにツッコミ投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.免責事項

投稿者は自らの責任において本コーナーへ投稿するものとし、投稿を原因として他の投稿者または第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

7.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

(2008.3.7実施)

このページのトップに戻る