現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミグルメ

〈教えてランチ〉2キロ超のテラ丼「マーチャー」に挑戦

東京・銀座 中国料理 蘭州

2008年04月10日

 読者からの情報をもとに取材、紹介する「教えてランチ」です。(アサヒ・コム編集部)

写真

これが特盛り麻婆チャーハン(裏メニュー)。丼からあふれんばかりだ。店員さんがお客の体調を察して分量を調整することもあるという

写真

店の前におかもちが並ぶ中国料理「蘭州」。勢いよく鍋を振る音も聞こえてくる

写真

1982年に2階の喫茶店を買い取った。定食を注文するなら2階で

写真

ビールジョッキ入りのコーヒー。ここまでボリューム満点とは…

写真

注文できるご飯もボリューム満点の4段階

 「ごはんもの、麺類、何をたのんでもおいしい庶民派中華なのですが。丼モノの「特盛り」がすごいです。体重0.1トンは軽くあるガテン系のおにいさんが、冷や汗を流しながら50分かけて完食してました。普通盛りの何倍あるんでしょうか?1.6キロのギガ丼「破壊王」を取材した記者さんに再度トライしてほしいです」(東京・ペンネーム:もぐもぐさん)

 完食の夢――。前回、東京・吉祥寺のギガ丼「破壊王」を完食できなかった同編集部記者。再度、チャンスを頂きました。頑張ります。

 東京メトロ日比谷線の東銀座駅から歩いて2分。日産本社ギャラリー裏に位置する中国料理「蘭州」。1、2階が店舗だが、特盛りのメニューが掲げられているのは2階のみ。

 狭い階段を上がると、喫茶店を改造した空間が広がる。中華料理屋には見えない。1981年創業でレトロな雰囲気。

 メニューを見渡すと「大盛り」「特盛り」の文字が目に入った。一見やせてはいるが、メタボな記者。カロリーの高い丼で悪玉コレステロール値を上げたくない。読者の依頼で「特盛り」は決まっているが、何にしようか…。

 頭の中で豆腐が浮かんだ。大豆製品は良いと聞いたことがある。「麻婆豆腐の丼をください」と注文すると、「マーチャーですね」と店を取り仕切る倉島信吾さん(30)が威勢良く返してくれた。人気メニューで1日、40杯ほど出るという。特盛りでお願いした。

 待つこと10分。絶句した。直径28センチ、深さ15センチほどのボールのような丼いっぱいに入った麻婆丼。片手では重くて持てず、両手でもすぐに下ろしたくなる。確実に2キロは超えている。ギガ丼を超えた「テラ丼」だ。

 ご飯が白くないことに気づく。なんと、チャーハンだ。麻婆豆腐とチャーハンで通称「マーチャー」と呼ばれ、メニューには載っていない裏メニューだった。

 圧倒されて、完食への夢が遠のくような気がした。だが、朝食から午後2時半まで何も食べずに備えた胃袋だ。倉島さんに完食のコツを聞くと「一定のペースで食べることです」と教えてくれた。

 レンゲにのせてほおばる。ふわっとしたコクのあるチャーハンとピリッとしたトウバンジャンの辛さが調和。トロッとした豆腐が混然一体の味わいに。なんという絶妙な組み合わせ。ガツガツと腹に収まっていった。

 だが、一定のペースが保てない。豆腐が熱くて飲み込めないからだ。加えて、辛さで体が火照ってのぼせ、額から汗がしたたり落ちる。

 10分経過。放心状態になった。おいしいのに、レンゲが動かない。付け合わせのザーサイも無力だ。3分の1は食べたのだが…。学生時代なら完食できたと言い訳したが、失笑された。

 味は庶民派中華だが、チャーハンのうまさが後を引く。秘密は中のチャーシュー。60キロほどの豚を5時間かけてしょうゆベースのタレで煮込んで寝かせ、2日間かけて仕込む。ほのかな甘みもあり、チャーハンになじませてある。

 豆腐だけで約500グラム。卵は4個ほど使われているという。チャーハンの量など総量は店側も把握しておらず、丼の大きさから言うと普通盛りの7.5倍という。一人で食べる人がいるとは信じられない。倉島さんの話によると、特盛りの注文は1週間で2杯ほどあり、女性も含め全員完食。速い人で9分でたいらげ「足らない」と話す人もいるという。

 このメニューを誰が考えたのか聞くと「朝日新聞社さんですよ」と倉島さん。10年前、出前の注文で裏メニューとして受けたのが始まりという。

 デジタル取材班に在籍するメタボ中年デスクは編集局にいた当時の17年前から注文し、蘭州のメニューならすべて頭に入っているという。

 「蘭州は頼めば30分で出前してくれる。スピード勝負のマスコミに合っている。得意先としてどんなメニューでも受けてくれたんだろうね」と話す。

 完食できず、がっかりしていると「コーヒーがつきますが、いかがですか?」と店員さん。優しいな、とお願いしたところ、目の前に出てきた熱々のコーヒーは『ビールのジョッキ入り』。ギブアップ。大盛り丼取材記者として、引退することを決めた。

 健康面について聞いた。倉島さんは「食べたい人に食べたいだけ食べてもらうのが信条。遊びでなく真剣です」と潔い。五目丼など野菜を豊富に使ったメニューも充実し、バランス良く食べることもできる。

 残した分は、お持ち帰り用のパックにしてもらい、編集部のみんなで分け、社内でおいしくいただいた。


【メニュー】特盛り麻婆豆腐チャーハン(2000円。4、5人で分けて食べればお得)。夜のギョーザ(650円)やおつまみ(レバニラ、青菜いため、チジミなど各470円)もボリュームがあり、おすすめ。
【お店情報】住所=東京都中央区銀座6の16の6 電話=03・3542・1067 営業時間=平日11:30〜15:00、18:00〜22:30 土曜11:30〜14:00。日曜・祝日は休。 喫煙=可

あなたの口コミ募集中!

教えて下さい。おすすめランチの店
首都圏にあるランチを食べられる店を教えて下さい。たとえば、6人以上が1つのテーブルなど一堂に会することができる▽野菜たっぷりのランチがある▽有機素材の使用など、安全・健康を考えたランチがある▽時間がないとき、すばやく食べられるランチがある、といった店。投稿をもとに編集部が取材します。抽選でアサヒ・コムのオリジナルグッズをプレゼントします。
こちらをクリックして投稿フォームへ別ウインドウで開きます

PR情報

コミミにツッコミ!

この記事についてツッコミ!

Web投票

結果を見る

(^0^) 面白い 75.7%(28人)
('-'*) なるほど 8.1%(3人)
(@_@) もっと詳しく 2.7%(1人)
(^o^;) はぁ? 10.8%(4人)
(-_-;) がっかり 2.7%(1人)

投稿はこちらから みんなのコメント

2008-04-13(Sun) ラーメンマンさんの投稿

あんなにメニューがあるのに、いつも唐揚げ定食を頼んでしまう。何度食べても飽きないんだなぁ。

2008-04-12(Sat) 健康第一さんの投稿

是非、記者殿のメタボ健康指導の実況をお願いします。
(メタボと決まったわけではないのでしたね。)

スリルドキドキの健康診断実況でもかまいません。楽しみにしてます。

2008-04-11(Fri) 玄米茶さんの投稿

いや、食べ切れませんって……

コメントの投稿はこちらから

投稿フォーム
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【コミミにツッコミ投稿規約】

「コミミにツッコミ」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムの「コミミ口コミ」に掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「コミミにツッコミ投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.免責事項

投稿者は自らの責任において本コーナーへ投稿するものとし、投稿を原因として他の投稿者または第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

7.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

(2008.3.7実施)

このページのトップに戻る