現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミオススメ

新体操選手、ミッドタウンで「見られる訓練」

2008年04月17日

 新体操の日本選抜団体チームが、都内の商業施設で、「公開合宿」を行い、練習や新作演技を披露した。北京五輪に向けた「見られて、強くなる訓練」という。(アサヒ・コム編集部)

写真

大勢の買い物客らの前で公開演技をする新体操日本選抜団体チーム

写真

普段の練習着姿も公開

写真

山崎浩子強化本部長に教わり、リボン回しに挑戦する荒川静香さん

 買い物客でにぎわう東京都港区の東京ミッドタウンの一角に、13メートル四方のマットをひいた公開会場が用意された。冒頭にあいさつした山崎浩子強化本部長によると、「平均年齢17歳と若い選手たちは、国際試合で人に見られて演技する経験が不足している」という。今回の公開合宿は、「見られて強くなる」というコンセプトの強化策の一環だ。

 団体チームは、千葉県の合宿所で自炊生活をしている。

 公開演技はまず、普段の練習着というピンクのTシャツと黒いスパッツ姿の選手5人が登場し、始まった。マットのすぐ近くまで観客がいて、脇で山崎本部長が解説。実際の試合にはない特殊な状況の中での練習ではあったが、選手たちは狭いマットを目いっぱい使い迫力ある演技を行った。

 続いて、選手たちはラメの入った紫色のレオタードで登場。五輪に向けて練習を開始したばかりという「ロープ」の新作演技を披露した。山崎本部長によると「まだまだ未完成」とのことだが、アメージンググレースの曲にあわせ、ピンクのロープが華麗に宙を舞った。「フープ&クラブ」の演技では、黄緑と黒のレオタードに着替えて登場。3月にウクライナで行われた国際競技会で好感触を得た大技を次々繰り出し、会場にいた観客の拍手が鳴り響いた。

 また、2006年トリノ五輪金メダリストのプロスケーター荒川静香さんが、スペシャルゲストとして登場。「勝利につながるメーク」をテーマにしたトークショーを開いた。

 子供の頃はヘアメークアーティストになりかったという荒川さんは、試合の時のメークは自分でするという。「試合本番前のメークタイムは貴重な時間」と話し、「トリノ五輪の時は、ヘアもメークもスムーズに決まり、落ち着けました」。

 選抜団体チームには、化粧品会社のポーラの美容スタッフ3人が、専属として参加している。三澤樹知選手は、「他の国の選手は汗などで演技途中に化粧が崩れることが多いが、日本の選手には全くなかった」。

 荒川さんは、リボン回しにも挑戦。本物は初めてだが、子供の頃にまねをしていたことがあるそうで、軽く演技をしながら見事に回した。

 北京五輪代表候補選手たちには、「初めての五輪だと思うが、どれだけ楽しんで演技ができるかが大事。笑顔を忘れずに楽しんできてください」と激励のアドバイスを送った。

 新体操の日本代表は、北京五輪への出場権をすでに獲得している。選抜団体チーム9人のメンバーの中から、代表として実際に北京の地を踏めるのは6人。山崎本部長は「選手たちは最後の最後まであきらめずに頑張ってくれると思う」と期待を込めた。

PR情報

コミミにツッコミ!

この記事についてツッコミ!

Web投票

結果を見る

(^0^) 面白い 75.0%(15人)
('-'*) なるほど 20.0%(4人)
(@_@) もっと詳しく 0.0%(0人)
(^o^;) はぁ? 5.0%(1人)
(-_-;) がっかり 0.0%(0人)
[an error occurred while processing this directive]

コメントの投稿はこちらから

投稿フォーム
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【コミミにツッコミ投稿規約】

「コミミにツッコミ」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムの「コミミ口コミ」に掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「コミミにツッコミ投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.免責事項

投稿者は自らの責任において本コーナーへ投稿するものとし、投稿を原因として他の投稿者または第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

7.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

(2008.3.7実施)

このページのトップに戻る