現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミネット

ご当地「ゆる歌」の衝撃 耳にこびりつく謎の金魚ソング

2008年04月29日

 ♪金魚、金魚、近所の金魚〜♪ 耳に残るメロディーと、女の子のかわいらしい振り付けに、残業中の編集部員の目がくぎ付けになった。アサヒ・コム動画に投稿された、謎の金魚ソング。投稿してくれた小島勇司さん(28)に急きょ、連絡を取った。(アサヒ・コム編集部 内山洋紀)

写真
動画ニュースを見る

 投稿された曲のタイトルは「近所の金魚は弥富のきんちゃん」。金魚の名産地である愛知県弥富市のキャラクター「きんちゃん」を題材にしたご当地ソングで、小島さんが作詞、作曲をしたという。

(▼画面中央の再生ボタンをクリック)

 小島さんは、岐阜県に住み、東海地方で活動するミュージシャン。ジャズバンドで、サックスを吹いている。

 動画の中で、金魚にちなんだ衣装と振り付けで、笑顔をふりまくのは近藤久美子さん。バンド「ぶどう÷グレープ」のボーカルとして活躍中で、金魚の歌も彼女が担当した。

「私の大学時代の後輩なんです。同じバンドにいたこともあり、お願いしました。撮影当日は、金魚っぽい格好で来て、といったらあの服を着てきてくれたんです」

 妙に印象的な振り付けは、2人で考えたという。

 小島さんの手による「ご当地ソング」は、これが2作目だ。

 昨年、小島さんの地元、岐阜県各務原市の新しい名産品「各務原キムチ」を応援しようと、曲を作って市役所に持ち込んだ。曲名は「キムチの気持ち」。冗談のようなタイトルだが、やはり耳にこびりつくメロディーが、地元の人の心をとらえた。CD化にもこぎつけ、スーパーのキムチ売り場では必ずかかるほどの人気だという。

 この成功を受けて、他の地域の歌も作れるのではないか、と考えた小島さん。近隣の地域のサイトを次々に見ていたところ、弥富市のホームページにかわいい金魚のキャラがいるのを見つけ、「これだ、と思った」という。

 弥富市に通い、金魚の本を買うなどしてイメージを膨らませ、歌詞を書き、曲をつけた。

「特に歌詞に苦労しました。いろいろな種類の金魚を盛り込みたかったので」

 できあがったのは昨年12月。曲を持ち込まれた弥富市役所は驚き、そして歓迎した。市の広報担当者は、こう話す。

「キャラを使わせて欲しいという依頼があったときは何だろうと思いましたが、聞かせてもらったところ、とてもかわいい歌で、市長以下、市役所職員もみんな喜んでいます。市内で使わせてもらうことにしました。さっそく、保育園で毎朝かけてます。園児たちは曲に合わせて踊っているそうです」

 実は、小島さんにとっては動画の編集は初めて。「機材もないんで、デジカメで撮影しまして。編集もフリー(無料)のソフトでやりました」とのことだが、歌詞に合わせて金魚の泳ぐ姿が流れたり、曲のリズムに合わせて場面が展開したり、と凝った作りだ。

 小島さんは今後もご当地ソングを作成していく予定で、すでに「第3弾、第4弾も制作中」とのこと。

 ご当地ソングを作るだいご味を聞いたところ、

「街のどこかで流れているということですね。キムチの歌は地元のお店で流れていたり、小学生が歌っていたり。そういうのをみると、作る側としてはとてもうれしいんです」

     ◇

 アサヒ・コムでは、こうしたご当地ソングなどの「ゆる歌」をこれからも記事として取り上げていく予定です。アサヒ・コム動画にて、投稿をお待ちしております。

PR情報

コミミにツッコミ!

この記事についてツッコミ!

Web投票

結果を見る

(^0^) 面白い 78.3%(47人)
('-'*) なるほど 10.0%(6人)
(@_@) もっと詳しく 5.0%(3人)
(^o^;) はぁ? 6.7%(4人)
(-_-;) がっかり 0.0%(0人)

投稿はこちらから みんなのコメント

2008-05-02(Fri) 可愛的さんの投稿

金魚っぽい服装とのことですが、
あの服装はどう見ても「魔法使いサリー」ですねw

2008-04-30(Wed) ポチさんの投稿

夜中に一人で聞いていてウケました。正義の味方とかじゃないところがGood!

2008-04-28(Mon) NETさんの投稿

ご当地ソングは「ゆる歌」が多いですね。この前水戸の美術館で見た納豆の歌もゆるゆるでした。

コメントの投稿はこちらから

投稿フォーム
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【コミミにツッコミ投稿規約】

「コミミにツッコミ」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムの「コミミ口コミ」に掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「コミミにツッコミ投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.免責事項

投稿者は自らの責任において本コーナーへ投稿するものとし、投稿を原因として他の投稿者または第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

7.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

(2008.3.7実施)

このページのトップに戻る