現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミネット

ドコモの新スマートフォンを先行レビュー GW明け発売

2008年04月25日

 ビジネスマンを中心に注目を集めるスマートフォン。タッチパネルによる新しい操作性を実現して、NTTドコモから近く発売予定のHT1100を使ってみた。(アサヒ・コム編集部 竹原大祐)

写真
動画ニュースを見る
写真

NTTドコモから5月発売予定のHTC製スマートフォン「HT1100」。マイクロソフト社製OS「WindowsMobile6」が搭載されている

写真

端末側面には画面を触って操作するためのタッチペンが収納されている

写真

厚さ16.5ミリとスマートフォンの中でも薄い

 関係者によると、HT1100(台湾・HTC社製)は5月の黄金週間明けに発売予定。マイクロソフト社(MS)製「Windows Mobile6」を搭載し、同社のアプリケーション「ワード」「エクセル」が使える。外出先でも簡単に書類や表などをチェックできる。

 この端末の最大の特徴は、指で画面(約2.6インチ、横240ドット、縦320ドット)をタッチするだけで、直感的に操作できる「TouchFLO」と呼ばれる機能。世界的に人気の高いアップル社のスマートフォン「iPhone」の操作感と似ている。

 画面上を指で上になぞると、キュービックメニューという画面が開く。左右に指をスライドすると音楽プレーヤー、ビデオプレーヤー、電子メールなど次々とアプリケーションが表示された。

 例えば、写真閲覧ソフトで写真を開いてみる。指で円を描くと拡大したり、縮小したりする。左右にはじくと次の写真が画面横からスライドして表示された。だが、指の動かし方によっては、思うように動かず、違った動作をしたりするため、かなりの慣れが必要だ。

 ただ、画面に表示される小さなボタンを指で押すと、うまく反応した。電話をかける場合も小さな数字を押すが、隣り合ったキーを間違って押すことは少ない。指の押された位置からうまく認識しているようだ。

 重さは約120グラム、厚さ16.5ミリで、同社FOMAシリーズの他携帯電話と同じくらいの形状を実現している。現在のスマートフォントは、キーボードが付いているのが主流で、重さと厚みがあるが、同機は、日本人が慣れ親しんだ携帯電話に近い。キーも通常の携帯電話と同じで、少ない手間で文字を入力できる予測変換機能も健在。ドコモが出すスマートフォンらしさが見て取れる。

    ◇

 連続待受時間は、3Gで約270時間(静止時)、連続通話だと約160分。内蔵カメラの有効画素数は背面のものが約200万、正面が約10万で、色はパールホワイトと黒の2種類が用意されている。

〈ハイビジョン動画〉HT1100のタッチパネルを検証

PR情報

コミミにツッコミ!

この記事についてツッコミ!

Web投票

コメントの投稿はこちらから

投稿フォーム
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【コミミにツッコミ投稿規約】

「コミミにツッコミ」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムの「コミミ口コミ」に掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「コミミにツッコミ投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.免責事項

投稿者は自らの責任において本コーナーへ投稿するものとし、投稿を原因として他の投稿者または第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

7.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

(2008.3.7実施)

このページのトップに戻る