現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミマンガ+

手塚治虫の助手経験、似顔絵で生かす 秋田県警の三船さん

2008年05月07日

 手塚治虫の助手だった秋田県警鑑識課の三船毅志さん(55)が、犯人の似顔絵を描く県警の勉強会の講師を務めた。

写真

手塚治虫の似顔絵のように、丸みを帯びた輪郭に鼻を大きめに描く助手時代の癖が抜けなかったという=秋田市山王4丁目の県警本部

 三船さんは高校卒業後、漫画家を志して上京、約1年間、手塚事務所で働いた。夢をあきらめ警察職員になったが、これまでに得意の似顔絵で数件を検挙につなげた。

 勉強会に参加した17人の若手に伝えたことのひとつは「早く描くこと」。締め切りをたくさん抱えていた手塚先生から教わった極意が、事件の現場でも生きているという。

 県警鑑識課によると昨年だけで、窃盗や詐欺などの犯人似顔絵を89枚作成し、10件が検挙に結びついたという。

PR情報

このページのトップに戻る