現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミオススメ

渋谷系ギャルがエコイベント 地球を救え

2008年05月04日

 派手なメークと服装が特徴の「渋谷系ギャル」が中心になって、大型連休中の6日に赤坂サカス(港区赤坂5丁目)でフリーマーケットやファッションショーなどの大規模なエコイベントを開く。「エコがカッコイイと思えるようになれば、ギャルのみんなにもっと広がるかも知れない」。企画する西本裕美さん(25)は期待している。(川崎紀夫)

写真

イベントで販売するエコバッグ。「若者目線でオシャレでカッコイイものにした」と西本裕美さん

 19歳で起業し、「ギャル社長」として有名な藤田志穂さん(22)がマーケティング会社「シホ有限会社G‐Revo」を設立したのは05年4月。直後に西本さんも入社し、副社長になった。

 当時、オフィスを構えたギャルの聖地・渋谷の街には多くのごみが転がっていた。藤田さんや西本さんらは毎朝、オフィス周辺のごみ拾いを始め、「キレイになるって気持ちいい」と気付いた。次は、ほうきを持って近所の宮下公園などを定期的に掃除することになった。

 「それまで学校の掃除なんか、いかにサボるかばかり考えていた」と西本さん。

 ギャル界のカリスマ藤田さんがブログで自分たちの活動を紹介すると全国に広まり、約400人が各地で月1回の清掃活動を始めた。「それなら若者からイケてるエコを発信しようと考えた」という。

 昨年5月の第1回イベントは、111人が「マイはし」を持って渋谷の真ん中を行進した。8月には神奈川県の由比ガ浜でレゲエのイベントを開き、1万人が海岸で約1トンのごみを拾った。

 6日は正午〜午後5時、3月にオープンした赤坂サカスのSacas広場で開く。今回のテーマは「エコエクスペリエンス」。フリーマーケットやライブ、トークショーで再利用の大切さを体験してもらう。

 フリーマーケットには、カリスマモデル益若つばささんの洋服や靴、ミュージシャン加藤ミリヤさんの家具など、イベントの趣旨に賛同してくれた人が出品する。会場で販売するマイバッグ「エコカワバッグ」(千円)は、ローソンと共同でペットボトルを原料に作った。ファッションショーは6人のモデルが浴衣で登場する。

 「ギャルは見た目で判断されがちだけど、エコに興味がある子も多い。何をしていいか分からない子も多いから、エコがこんなに格好いいんだということを伝えたい」と西本さんは話している。

 イベントの詳しい内容は、http://www.sgr−co.net/ep/。5日もプレイベントとして一般参加によるフリーマーケットがある。

PR情報

このページのトップに戻る