現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミネット

携帯OSのWindowsMobile6 使い勝手を検証

2008年05月09日

 ワードの文章を見たり、社内のメールサーバーをチェックしたり――。PCで使用頻度の高いこんな機能を携帯電話スマートフォンで持ち出せるOSとして注目されているマイクロソフト(MS)製OS「WindowsMobile6」。国内でリリースされて2年半が経過したが、MSによると、スマートフォンの販売台数累計はすでに100万台に達し、売上高は、1年ごとに3倍増の伸びを示しているという。ビジネスマンを中心に広がりを見せるこのOSの使い勝手を改めて検証した。(アサヒ・コム編集部)

写真

イーモバイルから発売されているスマートフォン「S11HT」

写真

NTTドコモから5月発売予定のHTC製スマートフォン「HT1100」。いずれもマイクロソフト社製OS「WindowsMobile6」が搭載されている

写真

ワードモバイルの画面

写真

エクセルモバイルの画面。グラフも表示できる

 家電量販店によると、スマートフォンはビジネスマンを中心に問い合わせが多く、サブPCとして購入するユーザーが少なくないという。

 これを使うとライフスタイルもかなり変化する。

 例えば通勤途中に会社のエクスチェンジサーバーにアクセスしてメールを確認。どこでもチェックができるから、メールを確認するために、大きなパソコンを持ち歩く必要はないし、外出もしやすくなる。また、フルブラウザーも搭載し、ネット接続も容易だからPCを広げなくとも目的地を調べたり、取引先の情報を確認したりすることも可能だ。取引先との交渉内容をすぐに確認したい場合、電車を待つ間に駅のホームで社内サーバーにアップすれば、迅速な対応ができる。

 モバイル版のワード、エクセル、パワーポイントが標準搭載されており、キーボードが付いた端末であれば修正や簡単な文章も書ける。エクセルは、関数が約100種類と制限されてマクロ機能も無いが、複雑なデータでなければ十分だ。スケジュール帳としての機能もあり、PCとの連動で手帳代わりになる。データを持ち運ぶことに不安を抱く人もいると思うが、万が一端末を無くした場合、リモートでデータを消す機能もある。

 どこからでも社内にアクセスできるということは、常に仕事をしてしまうのではないか。心配になった記者がOSを実際に使っているMS広報・小滝麗子さんに聞いてみた。

 「全く逆ですよ。気になったメールを外でチェックできるので退社も早くなり、映画を観たり、食事に行くなどうまく時間が使えるようになりました」

 なるほど、場所を選ばずに仕事ができるから、効率が上がるというわけだ。ネットワーク時代の働き方としては納得だ。

 また、使い道は、仕事ばかりでない。音楽、写真、動画も持ち運ぶことも簡単にできるし、USBでPCに接続すれば、データを取り込んで持ち出せる。

 また、ネット上にあるフリーソフトなどをインストールすれば、自分の好みで使い勝手の良い携帯電話に仕立てることができる。

 ただし、購入に際しては、気を付けなければならない点もある。機種によっては、ブラウズした時にスクロールが遅いものや、OSのバージョンによって、ワードで文章を書く際、新規作成できないものがある。また、無線LAN、Bluetoothなどを使ったネット接続だとバッテリー消耗が激しく1日もたず、いざ、電話を使いたい時に使えないことも。機種にもよるが、日本人が慣れ親しんだ文書変換で使う予測変換も基本的についていないものが多い。携帯電話とは違うという認識が必要だろう。個人ならパケット代も無視できないので、契約プランもチェックする必要がある。

 MSにとって、ネット界の最大のライバル、グーグルも携帯電話用無償OS「アンドロイド」を昨年リリースし、国内の携帯業界にも再編の波が押し寄せつつある。また、アップル社のiPhoneは、スマートフォンの操作性を一変させ、国内のどの携帯電話会社が提携するかが注目されている。現在の有力候補はNTTドコモか、ソフトバンクと言われている。MS側は「アンドロイドは公開されたばかりでまだ、実態がよくわからない。オープンなだけにアプリの仕様などバラバラになりかねない。日本のお客様の目は厳しく合格は大変」と見る。iPhoneに対しては「6月発売とうわさされてますが、エンタメ電話でしかない」と実用性を強調する。「アップルやグーグルがスマートフォン市場に参入することは歓迎。業界が大きくなれば、市場規模が拡大しますから」と余裕を見せた。

PR情報

コミミにツッコミ!

この記事についてツッコミ!

Web投票

コメントの投稿はこちらから

投稿フォーム
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【コミミにツッコミ投稿規約】

「コミミにツッコミ」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムの「コミミ口コミ」に掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「コミミにツッコミ投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.免責事項

投稿者は自らの責任において本コーナーへ投稿するものとし、投稿を原因として他の投稿者または第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

7.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

(2008.3.7実施)

このページのトップに戻る