現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミグッズ

イー・モバイル「EMONSTER」を取材現場で使ってみた

2008年05月19日

 イー・モバイルが3月に発売した「EMONSTER(S11HT)」。マイクロソフト社製OS「WindowsMobile6」搭載のスマートフォンで、ブログサイトランキングでも上位にくる注目機種だ。4月末、長野であった五輪聖火リレーの取材現場で同機を使ってみた。さて使い勝手は・・・。(アサヒ・コム編集部)

写真
動画ニュースを見る
写真

イー・モバイルのスマートフォン「EMONSTER(S11HT)」。横59ミリ、縦112ミリ、厚さ19ミリ。連続通話は264分で、300万画素のカメラを搭載

写真

画面の傾きがほどよい。側面にあるホイールを人さし指で回すとアイコン選択やスクロールができる。ホイールを押し込めばマウスのクリックのような操作ができる

写真

ネットへの接続には、WindowsMobile6内のアプリケーション「インターネット共有」アイコンを指でタッチする

 4月26日朝。長野市の善光寺付近のスタート地点には、中国人留学生らとチベット支持団体が押し寄せ、現場はスタート前から大混乱。

 午前8時半、まず、第一走者の星野仙一氏が聖火を持って会場を出て、通行規制された片側2車線の道路を走り始めた。ビデオを手に何とか確保した場所から一部始終を映像におさめた。

 しかし、困ったことに途中から雨が降り出した。

 急がなければならない。東京本社に映像を送るため、撮り終えた後、道路脇に座り込んで、ハイビジョンビデオカメラで撮影したデータをアップル社の「Macbook」に取り込み、編集。EMONSTERのタッチパネルを操作して、ネット接続アプリケーションを立ち上げた。

 すんなりつながる。Macとケーブルでつなぐ必要がなく、EMONSTERを上着のポケットに入れた。ケーブル接続なしで使えて便利だ。雨にもぬれない。大きさが11MBのファイルを転送したところ、約12分かかった。

 こういう多くの人が集まる現場では、データ通信カードが使えないことが多い。携帯電話を大勢が一斉に使うため、通信が混雑するからだ。EMONSTERはそれほど普及していない。記者の経験上、あまり普及していない通信機器には魅力がある。

 東京でテストした時より、転送速度は約半分と遅かったが、映像を無事送ることができた。持っていた他社製の携帯電話は圏外になっていた。

 EMONSTERのキーボードはスライド式。画面を傾けることができ、小さなパソコンのような形になる。重さは190グラム。最新型の携帯には100グラム以下の軽量のものもあるから、少し、重さを感じる。

 特筆すべきは、携帯電話、簡易小型PC、同社の主力サービスであるデータ通信の機能を1台で完結してしまう点だ。HSDPA方式による通信で、1秒間に下りが最大3.6Mb、上りが最大384Kbのスピードが出る。外出時にノートPCでブラウズするのも快適だ。SIMロックフリーでもあり、他業者のSIMカードや海外でも使えるという。

 ただ、問題もある。同機は都内の地下鉄構内では5月現在、電波をやりとりする基地局が整備されておらず、電話は使えない。無線LANは使えるのでデータ通信は可能だ。また、人口カバー率は47都道府県で81%。首都圏や主要都市部では使えるが、使えない地域もあるので注意が必要だ。

 

 後日、都内で午後6時ごろに使ってみたが、ユーザーが多いからか一部の場所でつながりにくいこともあった。同社の担当者は、「今年から来年にかけて地上はもちろんのこと地下でも使えるよう設備増強を迅速に進めています」と話した。

PR情報

コミミにツッコミ!

この記事についてツッコミ!

Web投票

結果を見る

(^0^) 面白い 29.4%(5人)
('-'*) なるほど 41.2%(7人)
(@_@) もっと詳しく 11.8%(2人)
(^o^;) はぁ? 5.9%(1人)
(-_-;) がっかり 11.8%(2人)

投稿はこちらから みんなのコメント

2008-05-20(Tue) おっさんさんの投稿

SIMロックフリー・・・ そんなわけないやん

2008-05-20(Tue) さんの投稿

県庁所在地のほぼ中心部で、圏外になる他社製の携帯電話って???

2008-05-19(Mon) こらむさんの投稿

惜しい。転送速度3.6MB→3.6Mbps(上りの単位もKbps)ですよね。そこが、(^o^;)はぁ? でした。

コメントの投稿はこちらから

投稿フォーム
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【コミミにツッコミ投稿規約】

「コミミにツッコミ」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムの「コミミ口コミ」に掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「コミミにツッコミ投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.免責事項

投稿者は自らの責任において本コーナーへ投稿するものとし、投稿を原因として他の投稿者または第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

7.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

(2008.3.7実施)

このページのトップに戻る