現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミマンガ+

島耕作が社長就任会見 団塊世代にエール

2008年05月29日

 週刊『モーニング』(講談社)で1983年からスタートした「島耕作シリーズ」。日本一有名なサラリーマンである主人公、島耕作氏(60)が初芝五洋ホールディングス(HD)社長に就任したのに伴う会見が28日、東京都内で開かれた。スクリーンにアニメ形式で映し出された島社長は、新たな舞台での抱負を述べ、若者や同世代の団塊世代にエールを送った。(アサヒ・コム編集部)

写真
動画ニュースを見る
写真

作者の弘兼憲史氏(左から2人目)や中川翔子さん(左から3人目)らが乾杯式に参加

 島社長は70年初芝電器産業に入社。米映画会社の買収、レコード会社の立ち上げ、中国市場進出での貢献など、次々と成功をおさめる姿が好感され、日本のサラリーマンの代表として親しまれてきた。派閥闘争による左遷や出向も経験したが、五洋電機の買収に伴い発足することになった初芝五洋HDの初代社長に就任した。

 会見で島社長は「従業員、関連企業、消費者といったすべてのステークホルダーの利益を実現できる企業づくりを目指す。世界市場でブランド力を高めていくのは大変だが、とにかく今からスタートを切る」と所信を述べた。

 一方、司会者からの質問にも整然とした受け答え。「島さんを尊敬している若い方々にアドバイスを」との質問には、「まず、走り出すこと。解決してから走り出すのではなく、走り出しながら解決して」。同世代の団塊世代へは、「今の時代で、我々が必要とされる場はたくさんある。初心に帰って、もうひとがんばり楽しみましょう」と呼びかけた。

 島社長のこれまでの活躍には切り離せない女性関係の質問も飛び出し、「女性よりも仕事が大事か」との問いには、「その二つはてんびんにかけられません」と照れながら答えた。

 会見後には就任を祝う乾杯式が開かれ、作者の弘兼憲史氏をはじめ、弘兼氏と親交の深い俳優の辰巳琢郎氏やお笑いコンビの次長課長、中川翔子さんらが登場した。

 中川さんは「社長就任おめでとうございます。いつまでもすてきな日本中の女性のあこがれであり続けてください」と応援した。弘兼氏は「マンガの登場人物を題材にした式典は、『あしたのジョー』(ちばてつや作)の力石徹の葬式を70年に開いて以来なのではないか。島耕作はもはや、自分の手から離れて独り歩きしている存在です」と語った。

 29日発売の週刊モーニングでは「社長 島耕作」の連載がスタート。社長にのぼりつめた島氏の今後の活躍はいかに。

〈ハイビジョン動画〉島耕作氏、社長就任のあいさつ

PR情報

コミミにツッコミ!

この記事についてツッコミ!

Web投票

結果を見る

(^0^) 面白い 34.2%(13人)
('-'*) なるほど 13.2%(5人)
(@_@) もっと詳しく 2.6%(1人)
(^o^;) はぁ? 42.1%(16人)
(-_-;) がっかり 7.9%(3人)

投稿はこちらから みんなのコメント

2008-06-03(Tue) なんだかなぁさんの投稿

島耕作は部長時代にすでに興味を失いました。
絵に描いた餅がいくら豪華になったって、虚しさが募るだけのような気が。
それより、新聞社のサイトでまで「ギザすてき」なんて文字を見たくありません。
せめて新聞くらいは民度低下に手を貸さないでほしいと思う。

2008-06-02(Mon) 仕事より女性さんの投稿

島耕作がもてはやされているのは
「メディアの仕掛け」をプンプン感じます
 たしかに、モーニング連載マンガの中では人気あるのは分かりますが、自分が実現できない夢物語としての人気と思います。

いまでこそ、ある意味「目標とされる」ような人間(島耕作)ですが、連載当初の島くんは・・・・ドタバタしてましたね
『倉庫で襟にキスマーク付けられた時』などは(笑)
あの頃の島くんの方が、人間味を感じます(身近に)

2008-05-30(Fri) シャチョーですか、、、さんの投稿

一応、全巻読んでますけど、広宣出身の人間が大会社の社長になること自体、あまり現実的ではありませんので、ま、私自身も含めた中年のおっさんたちの夢物語と思っています。
いっそのこと、今後の展開としては、民間起用大臣として、経産相、財務相を歴任した後、副首相兼外相となるが、副首相就任中に時の首相が急逝、法令に従い首相に就任!ってのはどうですかね?
そうなると、社長→会長→経産相→財務相→副首相→首相で、あと15年ぐらいは続けられます。

コメントの投稿はこちらから

投稿フォーム
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【コミミにツッコミ投稿規約】

「コミミにツッコミ」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムの「コミミ口コミ」に掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「コミミにツッコミ投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.免責事項

投稿者は自らの責任において本コーナーへ投稿するものとし、投稿を原因として他の投稿者または第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

7.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

(2008.3.7実施)

このページのトップに戻る