現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミ鉄道

東京メトロ副都心線、時刻表公表 有楽町線からみ複雑に

2008年05月30日

 東京メトロは、6月14日に開業する副都心線と、同線と並行する有楽町線の各駅の新しい時刻表を、同社のホームページで明らかにした。両線には、急行や準急などの新しい種類の列車も登場し、複雑になりそうだ。(アサヒ・コム編集部 内山洋紀)

写真

副都心線に対応して設計された東京メトロの10000系

 副都心線は、和光市―渋谷間の20.2キロ。ただ、そのうち和光市―小竹向原間は、現在の有楽町線の線路を共有する形になる。そのため、有楽町線のダイヤも大きく変わる。

 東京メトロはこれまで、一部を除いてすべて各駅停車ばかりの路線がほとんどだった。しかし、副都心線では、停車駅を絞った急行や通勤急行が頻繁に運転される。有楽町線でも、和光市と池袋の間を途中1駅しかとまらない準急の運転が始まる。

 各駅停車ばかりではなくなるので、注意が必要だ。

 副都心線の各駅停車は、朝ラッシュでは大半の列車が、日中でも半数が、東新宿で急行の通過待ちがあり、行き先によっては後の急行を待った方が速いこともある。小竹向原でも、各駅停車が準急などに追い抜かれるケースもある。

 さらに、混乱を招きそうなのが、会社間の境目となる駅で、種別(急行や各駅停車といった列車の種類)が変わる列車がたくさん登場することだ。たとえば、メトロ線内は「各駅停車」だったのに、西武線に入ると「準急」になる列車や、逆にメトロでは「急行」だったのに、西武線に入る「各駅停車」になる列車もある。平日の、メトロ→東武線・西武線方向の列車だけを数えても、約80本ある。

 東京メトロによると、「列車の種別については、駅のホームの電光掲示板できめ細かく案内するほか、次の列車が、どの駅に先に着くかといった案内を自動アナウンスで流す予定」(広報部)という。

 新線の開業で便利になる一方で、複雑化は否めない。乗車の際は、案内に注意を払った方がよさそうだ。

PR情報

コミミにツッコミ!

この記事についてツッコミ!

Web投票

結果を見る

(^0^) 面白い 4.9%(2人)
('-'*) なるほど 46.3%(19人)
(@_@) もっと詳しく 22.0%(9人)
(^o^;) はぁ? 22.0%(9人)
(-_-;) がっかり 4.9%(2人)

投稿はこちらから みんなのコメント

2008-05-31(Sat) 今日も混乱、京成ユーザーさんの投稿

余談ですが、とどめで都営・京成線内各駅停車の北総線急行ってのがあります。沿線に住んでいても、未だに迷います。
京成の場合ダイヤが混乱すると特急が臨時停車の扱いで各駅停車になる、といった措置をとったケースがあります。よほどの事がない限りは、とにかくどこかまでは動くというのがこのルートの多少はいいところなのですが(横浜行きとか浅草橋行きとか、とりあえずいけるとこまで行きます、ってのが過去にありました)。
どうもその辺が半蔵門線はイマイチなので、通勤ルートからは除外しています。その辺の対応って湘南新宿ラインも弱い印象です。お願いだから、途中まででもいいから走って。
今後ノウハウの蓄積で多少はよくなることを期待しつつ。

2008-05-31(Sat) マーボードーフは食い物です。さんの投稿

逆に京急みたいないっとけダイヤというのも問題があると思うんだけどなぁ。

2008-05-30(Fri) 鉄子の部屋さんの投稿

地下鉄との相互運転で列車種別が異なるケースはたくさんあります。
 京急電鉄-都営浅草線-京成電鉄
 JR総武線-東京メトロ東西線-{JR総武線、東葉高速鉄道}
 京王線-都営新宿線
 東急田園都市線-東京メトロ半蔵門線-東武伊勢崎線
など。
なので、複雑化の観点とは少し違う気がします。指摘するのであれば、小竹向原-池袋間が有楽町線と副都心線で、同一駅(で別線)を使用している点ではないでしょうか。

コメントの投稿はこちらから

投稿フォーム
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【コミミにツッコミ投稿規約】

「コミミにツッコミ」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムの「コミミ口コミ」に掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「コミミにツッコミ投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.免責事項

投稿者は自らの責任において本コーナーへ投稿するものとし、投稿を原因として他の投稿者または第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

7.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

(2008.3.7実施)

このページのトップに戻る