現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミグルメ

川越地ビールに「三ツ星」、欧州最大の品評会でV2

2008年05月31日

 地ビールを生産・販売している協同商事・コエドブルワリー(本社・川越市)は、同社の地ビール5種類のうち、サツマイモの紅赤を原料にした「Beniaka」(ベニアカ)が2年連続、欧州最大の食品品評会「iTQi」(国際味覚・品質審査会)で最高賞の「三ツ星」に輝き、それ以外の4種類も今回、「二ツ星」を受賞した、と発表した。

写真

「COEDO」ビール全5種。中央が、欧州最大の食品品評会「iTQi」で、2年連続最高賞の「三ツ星」を受賞した「Beniaka」

 品評会は、欧州連合(EU)が主管(本部・ベルギー)して開かれている。審査員は、ヨーロッパの著名なレストランやホテルの料理長らが担当し、品名を隠して審査している。

 今年の審査には計710品目が出品され、うち三ツ星(きわめて優秀)は、「Beniaka」を含め68品。二ツ星(特記に値する)309品、一ツ星(おいしい)は163品目だった。

 ベルギー・ブリュッセルで開催される授賞式に臨む同社の朝霧重治副社長は、「ヨーロッパの権威ある品評会で、サツマイモを原料にした『Beniaka』が認められ大変うれしい。ビール職人とともに品質の向上に努めていきたい」と受賞を喜んでいる。

 同社が販売している「COEDO」ビール5種類は、いずれも333ミリリットル入りで、価格は1本280円から400円。問い合わせは同社(049・259・7735)へ。

あなたの口コミ募集中!

教えて下さい。おすすめランチの店
首都圏にあるランチを食べられる店を教えて下さい。たとえば、6人以上が1つのテーブルなど一堂に会することができる▽野菜たっぷりのランチがある▽有機素材の使用など、安全・健康を考えたランチがある▽時間がないとき、すばやく食べられるランチがある、といった店。投稿をもとに編集部が取材します。抽選でアサヒ・コムのオリジナルグッズをプレゼントします。
こちらをクリックして投稿フォームへ別ウインドウで開きます

PR情報

このページのトップに戻る