現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミ鉄道

JR山手線「座席なし」やめます あと5年で全車4扉に

2008年06月04日

 JR東日本は、朝ラッシュ時に座席がなくなる山手線の「6扉車」を2012年度までに、ほかの車両と同じ4扉車にすべて置き換える。座席のない「究極の通勤電車」として登場した車両があと5年足らずで山手線から消えることになる。(アサヒ・コム編集部 内山洋紀)

写真

山手線のホームに整備される可動式さくのイメージ図=JR東日本提供

写真

山手線(左)に「6扉車」は2両。京浜東北線(右)に合わせて、通常の車両に置き換える

 首都圏のJRの通勤電車は、基本的にドアが1両の片側に4か所ある「4扉車」だが、「6扉車」のドアは片側6か所。

 「6扉車」は現在、山手線11両編成のうち2両に使用され、計約100両が運行中。一度に多くの乗客が乗り降りできるようにラッシュ時に座席を壁に収納し、座席なしの車両として運行できる。混雑時にできるだけ多くの乗客を乗せることができる、いわば「究極の通勤電車」だ。1991年に、山手線で初めて本格的に導入され、現在では埼京線や東急田園都市線などでも使用されている。

 戻すきっかけとなったのは、ホームの可動式さく(ホームドア)の導入だ。ホームの線路ぎわに設け、電車の到着時、ドアに合わせた場所だけが動く仕組みで、転落事故の防止や、混雑時の安全確保に役に立つ。山手線では01年に、新大久保駅でホームから落ちた男性を助けようとして、韓国人留学生ら乗客3人が、死亡する事故があった。

 JRでは2010年度から、この可動式さくの導入を順次進める予定だが、そこで問題になったのが、ドアの位置。山手線の田端・田町間では、京浜東北線の電車も同じホームを使うことがある。京浜東北線は全て4扉車の新型に置き換えを進めている。山手線の6扉車のドアの位置に合わせてさくを作ることはできない。そこで、山手線の全車両を4扉にし、6扉車をはずすことにしたという。

 背景の一つには、湘南新宿ラインなど、山手線に並行する路線が増えたために乗客が分散し、6扉車の需要がそれほど大きくなくなったことがある。2013年度には、東北線の線路が上野から東京まで延びる「東北縦貫線」も開通する予定で、山手線の混雑も大幅に緩和される見通しだ。

PR情報

コミミにツッコミ!

この記事についてツッコミ!

Web投票

結果を見る

(^0^) 面白い 18.8%(15人)
('-'*) なるほど 58.8%(47人)
(@_@) もっと詳しく 10.0%(8人)
(^o^;) はぁ? 5.0%(4人)
(-_-;) がっかり 7.5%(6人)

投稿はこちらから みんなのコメント

2008-06-06(Fri) 近鉄ネットワークさんの投稿

でも現在導入中の車両も先頭車のドアの位置が違います。それもどうするかが問題です。

2008-06-05(Thu) 混雑緩和は難しいさんの投稿

> 荒川線は今日も2ドアさん
ドア数は十分効果あると思いますよ。
なぜなら、ドアから離れすぎると目的の駅で降りられなくなることありますから。
そういう意識も働いて、奥まで詰めようとしない人が増えるし。

ドア数が多ければ「奥(扉から離れた位置)」という空間が減るので満遍なく満員になることが出来ます。
いや、満員がいいとは思っていませんが・・・・
混雑が5年で緩和されるとは考えにくいですね。
確かに副路線が増えていますが人も増えている気がします。
便利になれば、住居が安い郊外から都心に通う人も増えるでしょう。

2008-06-05(Thu) Localさんの投稿

人の命を守るための安全策なら、車両廃止がもったいないなんて言ってられないとは思うが、確かにもったいないというのも一理ある。
問題は、JRの計画や見通し、判断の甘さにあるのでは。

コメントの投稿はこちらから

投稿フォーム
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【コミミにツッコミ投稿規約】

「コミミにツッコミ」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムの「コミミ口コミ」に掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「コミミにツッコミ投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.免責事項

投稿者は自らの責任において本コーナーへ投稿するものとし、投稿を原因として他の投稿者または第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

7.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

(2008.3.7実施)

このページのトップに戻る