メニューを飛ばして本文へ
アサヒコムトップへ
金刀比羅宮 書院の美−応挙・若冲・岸岱−
ここから本文

トピックス

「こんぴら狗」の絵も 飼い主に代わってお参り

(06/29)

写真
「金毘羅狛図」=部分

 「こんぴらさん」のほほえましい信仰を伝えるのが、昭和初期に描かれた「金毘羅狗図(こんぴらいぬず)」です。

 「こんぴら狗」は江戸時代の伝承です。金刀比羅宮にお参りしたいが、関東や東北からは遠い。代わりに、飼い犬を差し向けたというのです。

 犬の首に袋を下げ、中に飼い主の住所、名前を書いた札や、おさい銭、えさ代を入れ、旅の人に託します。旅人は宿場町などで別の旅人に託し、また別の宿場町で別の旅人に……。こうして、犬は金刀比羅宮まで連れて行ってもらいます。帰路も同じようにして、御利益のお札を持って来たとされています。

 この絵の舞台は宿場町でしょうか。旅人に世話をされている犬が描かれています。詳しい史料はありませんが、庶民信仰の広がりを物語る心温まる逸話です。


asahicomトップへ 朝日新聞のイベント情報 ページの上へ
ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission