検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 地方大会 > 鳥取 > ニュース > 記事ここから本文エリア

試合中に野球部員が現金盗む 鳥取大会

2006年07月31日

 第88回全国高校野球選手権鳥取大会で4強入りした鳥取城北(鳥取市)の野球部員のうち、試合の補助員をしていた7人が、大会期間中に球場で他校の野球部員のカバンから計約6000円を盗んでいたことがわかった。同校は31日、県高野連に文書で報告、同部の監督を1カ月、部長を6カ月の謹慎処分とした。当面、対外試合は自粛し、秋の県大会も出場辞退する方向。

 同校によると、ファウルボール拾いなどをする補助員として球場に来ていた2年生部員のうち4人が7月16日の他校の試合中、補助員の控室にあった他校の部員のカバンから計約5000円を盗んだ。入り口付近には見張り役1人をつけていた。22日には、これをまねて1年生部員2人が1000円を盗んだという。

 別の部員からの報告で26日に発覚。監督らが被害にあった高校に謝罪に行き、31日までに7人全員が退部届を提出した。

 同校の渡樌由章(わたぬき・よしあき)校長は「やってはいけないことで重く受け止めている。休部や廃部も考えたが、残された部員のことを考慮した。もう一度出直したい」と話した。

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.