検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 地方大会 > 西東京 > ニュース > 記事ここから本文エリア

熱投 早実エースと互角 都昭和・村木公治投手

2006年07月17日

 ボールはグラブを嫌い、後ろに転がった。

写真

早実打線を相手に力投した都昭和の村木公治君=高橋洋撮影

 同点で迎えた9回表、2死二塁。都昭和の村木公治投手(3年)はひじの痛みを感じながらも、投げ続けていた。打ち損じのゴロにマウンドを駆け下り、グラブを差し出すと、ボールをはじいてしまった。

 三塁をまわったランナーが本塁に向かう。遊撃手が捕球し本塁に送球したが、滑り込んだランナーの足の方が先だった。

 この日2安打と相性の悪い打者。マウンドから投球した際、二塁走者が三塁へ走り始めたのが見えた。しかし、打者は打ち取ったはずだった。

 力で押し三振を奪う早実エースの斎藤佑樹君(3年)に対し、村木君はコントロールで打たせてとる投球。8回まで両投手とも被安打は6。延長戦も考えられた9回、試合が動いた。

 村木君はチームでは遅咲きの投手だった。高校に入り、肩の強さをかわれ捕手から投手に転向した。しかし、1学年上に好投手がいて、出番はなかった。昨秋、新チームになってようやく、背中に「1」をつけた。

 冬場のつらい走り込みを乗り越え、制球力をつけた。何よりも気持ちが強くなり、マウンドではいつも平然と投球できるようになった。

 早実の打者はビデオで研究し、くせをつかんでいた。相手打線に長打はなく、絶対抑えられると思っていた。そして、実際その通りだった。

 「斎藤君を意識はした。でも、こんなところで負けられなかった。もっと上を目指していた」。村木君は赤くなった目にタオルをあてた。

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.