検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 >大会歌「栄冠は君に輝く」ここから本文エリア

 全国高等学校野球選手権大会の大会歌は「栄冠は君に輝く」です。高校野球ファンにはおなじみの名曲を、第88回大会は歌手・夏川りみさんの歌声でお楽しみください。配信は8月末までの期間限定です。


※配信は8月末で終了しました。
※CDなどの販売予定はありません。

栄冠は君に輝く

(作詞:加賀大介 作曲:古関裕而)

1.雲は湧き 光溢れて 天高く 純白の球 今日ぞ飛ぶ
  若人よ いざ まなじりは 歓呼にこたえ
  いさぎよし 微笑む希望 ああ栄冠は君に輝く

2.風をうち 大地を蹴りて 悔ゆるなき 白熱の 力ぞ技ぞ
  若人よ いざ 一球に 一打にかけて
  青春の 賛歌をつづれ ああ栄冠は君に輝く

3.空を切る 球の命に かようもの 美しくにおえる健康
  若人よ いざ 緑濃き しゅろの葉かざす
  感激を 目蓋にえがけ ああ栄冠は君に輝く

写真
夏川りみさん

夏川りみ(なつかわ・りみ)

 1973年10月9日生まれ、沖縄県石垣市出身。

 82年に、石垣ケーブルテレビ主催「第1回ちびっこのど自慢大会」優勝を皮切りに、素人のど自慢大会で数々の賞を獲得する。86年にポニーキャニオンにスカウトされ、デビューするも、不遇な時代を過ごし、沖縄の姉の店に身を寄せる。98年にビクターエンタテインメントと正式に契約し、翌年に再デビュー。

 2001年に『涙そうそう』をリリースし、大ヒット。02年には紅白歌合戦に初出場し、日本レコード大賞で金賞受賞。以後、『童神〜ヤマトグチ〜』『愛よ愛よ』『ココロツタエ』などのヒットを放つ。

 「歌を取ったら私には何もなくなる」という程、歌うことが大好きで、小学生の頃からのど自慢大会で全国的に活躍していた夏川りみ。森山良子作詞の『涙そうそう』の大ヒットで一躍スターダムにのし上がり、その癒し系の歌声と、沖縄の情景が浮かぶ歌詞は、老若男女問わずファンを魅了する。

 05年10月には、オーロラ基金主催のベネフィットコンサートで、初の海外公演を実現。05年、4年連続紅白歌合戦出場・4年連続レコード大賞金賞受賞。

 最新シングルは、「さようなら ありがとう」(ビクターエンタテインメント・VICL―35922)

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.