ここから本文エリア

北海が優勝、9年ぶり34回目の夏

2008年07月19日

 南北海道大会は19日、札幌円山球場で決勝があり、北海が札幌第一を6―0で破って、9年ぶり34回目の夏の甲子園出場を決めた。北海は準々決勝で6連覇を目指した駒大苫小牧、準決勝で北照に勝って決勝に進出した。34回の出場回数は、現時点では松商学園(長野)と並んで全国最多。

写真札幌第一―北海、南北海道大会で優勝を決め、喜びを爆発させる北海の選手ら=札幌丸山


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る