ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第92回選手権> 長崎代表・長崎日大

「粘り強い野球できた」 長崎日大の主将ら熱戦を報告

 全国高校野球選手権大会に2年連続出場した長崎日大の選手4人と金城孝夫監督らが20日、朝日新聞長崎総局を訪れた。2回戦で佐賀学園に惜しくも敗れた甲子園を振り返り、麻生翼主将は「悔しかったが、自分たちらしい粘り強い野球が最後までできて良かった」と話した。(08/21) [全文]

応援メッセージ

長崎代表 応援メッセージ

たくさんのメッセージありがとうございました。投稿の受付は終了しました。

チーム紹介

 2年連続の出場。長崎大会は3回戦から準決勝まで3試合を1点差で勝ち上がり、粘り強さが光る。1番島袋はバットコントロールがうまく、長崎大会は打率4割。エース中村は制球の良さに加え、伸びのある直球と落差の大きいカーブ、スライダーが武器。

写真
地方大会の
チーム成績
チーム打率総得点総失点
.322 22得点 10失点
公/私私立
部員数87人
責任教師平山 清一郎(30)
監督金城 孝夫(56)
所在地諫早市貝津町1555

地方大会の戦績

長崎代表:長崎日大(2年連続9回目)
日付 出場大会 回戦 トータルスコア 勝敗 対戦校
2010 7月27日 選手権長崎大会 決勝 4-1 試合結果詳細 勝ち 海星
2010 7月26日 選手権長崎大会 準決勝 5-4 試合結果詳細 勝ち 佐世保実
2010 7月24日 選手権長崎大会 準々決勝 4-3 試合結果詳細 勝ち 創成館
2010 7月19日 選手権長崎大会 3回戦 2-1 試合結果詳細 勝ち 佐世保工
2010 7月17日 選手権長崎大会 2回戦 7-1 試合結果詳細 勝ち 壱岐

過去の全国大会成績

勝ち:勝ち  負け:負け  引き分け:引き分け
出場大会 大会 1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝 準決勝 決勝 出場時チーム名
1993 選抜 65   勝ち 勝ち 負け      
1993 選手権 75 勝ち 負け          
1995 選手権 77 負け            
1998 選手権 80   負け          
1999 選抜 71 負け            
1999 選手権 81 勝ち 勝ち 負け        
2000 選手権 82 勝ち 勝ち 勝ち 負け      
2003 選手権 85 負け            
2007 選手権 89   勝ち 勝ち 勝ち 負け    
2009 選手権 91 負け            

このページのトップに戻る