メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

第99回全国高校野球選手権大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強組み合わせ

愛知大会の展望

中京大中京・至学館が柱

 強打の中京大中京と今春の選抜に出場した至学館が軸になりそうだ。
 中京大中京は、高校通算本塁打50本以上の鵜飼や広角に打ち分ける伊藤康のほか、谷村、沢井ら好打者が並び、打線に切れ目がない。至学館は右腕新美、左腕川口の左右両投手に安定感があり、春の県大会、東海大会で優勝。積極的な走塁で好機を作り、鎌倉、井口は長打力もある。
 春の県大会2位の東邦は、最速144キロの2年生右腕扇谷、勝負強い打撃を見せる1年生石川ら下級生の活躍が鍵を握る。好投手・釜谷を擁する栄徳やシード校の桜丘、愛知にもチャンスがある。ノーシードの愛工大名電、享栄も総合力が高い。(井上昇)

組み合わせ

※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

愛知戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら
スマホアプリで高校野球を楽しもう
投票! 甲子園ベストゲーム47
プレイバック高校野球×NTTファイナンス
高校野球DVD販売サイト
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039