メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

第99回全国高校野球選手権大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強組み合わせ

秋田大会の展望

明桜、投打ともに充実

 今春の県大会を9年ぶりに制した明桜が一歩リードする。最速145キロの直球が武器の山口をはじめ、投手層が厚い。大会のチーム打率は3割3分を超え、児玉、松本大らの長打も期待される。
 同大会準優勝の能代松陽は、140キロ近い直球に多彩な変化球を交ぜる左腕・佐藤開の出来が鍵を握る。同大会3位の角館は、40キロの緩急差をつける鈴木佳の投球を、大会4試合で44安打の打線が援護する。
 金足農はエース吉田が軸。甲子園に11回出場した酒田南(山形)を練習試合で破り、勢いに乗る。昨夏の甲子園で先発した藤井を擁する大曲工、昨秋の県大会優勝の横手も巻き返しを狙う。(神野勇人)

組み合わせ

※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

秋田戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら
スマホアプリで高校野球を楽しもう
投票! 甲子園ベストゲーム47
プレイバック高校野球×NTTファイナンス
高校野球DVD販売サイト
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039