メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連載「あの夏」特別編 明徳義塾×星稜

1992 8/16 2回戦
明徳義塾 × 星 稜

 あの夏、5打席連続で敬遠され、1度もバットを振ることなく、星稜・松井秀喜は甲子園の伝説となった。松井のチームメートだった福角元伸が、星稜、明徳義塾の監督や選手、関係者らを取材。24年の時を経て、いまなお議論を巻き起こす一戦を振り返る。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
星 稜 0 0 1 0 1 0 0 0 0
明徳義塾 0 2 1 0 0 0 0 0
H E
2 7 1
3 4 3

詳しい試合経過を見る

詳しい試合経過を見る

閉じる

閉じる
星稜
(石川県)
山下智茂 監督(47) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
[中] 清水 雄一 2年 遊ゴ 遊ゴ 二ゴ 左安 三ゴ
[遊] 林 和成 2年 三ゴ 遊失 左安 三ゴ 遊ゴ
[投] 山口 哲治 3年 左三 左安 左飛 二ゴ 左三
[三] 松井 秀喜 3年 四球 四球 四球 四球 四球
[二] 月岩 信成 3年 三ゴ 捕犠 左飛 左飛 三ゴ
[一] 福角 元伸 3年 遊ゴ 三ゴ 左安 二ゴ
[右] 奥成 悟 3年 四球 三ゴ 三振 左安
[左] 竹森 建策 2年 二ゴ 四球 一直 二ゴ
[捕] 北村 宣能 3年 三振 三振 右飛
松本 哲裕 3年 二ゴ
東 宏幸 1年
投手 山口 哲治
投球回 8
投球数 126
打者 31
被安打 4
奪三振 10
四死球 3
自責点 2
明徳義塾
(高知県)
馬淵史郎 監督(36) 1 2 3 4 5 6 7 8 9
[遊] 筒井 健一 3年 三ゴ 四球 三振 振逃
[二] 重兼 和之 3年 三振 三振 遊ゴ 投飛
[投] 河野 和洋 3年 三振 中安 二ゴ 左飛
[一] 岡村 憲二 3年 中安 四球 右飛 三ゴ
[左] 加用 貴彦 1年 四球 右安 三ゴ
[捕] 青木 貞敏 3年 一犠 三振 三振
[三] 久岡 一茂 3年 左二 投ゴ 三振
[中] 橋本 玲 3年 遊ゴ 三振 三振
[右] 広畑 国昭 3年 二ゴ 三直 遊ゴ
投手 河野 和洋
投球回 9
投球数 145
打者 41
被安打 7
奪三振 3
四死球 7
自責点 1

閉じる

閉じる

1.ヤジの中、瞑想していた松井

 暑さに、緊張と興奮が重なる。むき出しの両腕に、汗が玉状になって噴き出した。

 星稜が2―3で迎えた九回表2死三塁。4番の松井が歩かされた。1年夏から4番に座り、高校通算59本塁打。優勝候補に挙げられたチームの中心だった。これで5打席連続の敬遠。「後続を抑えれば勝てる」。明徳義塾バッテリーのメッセージは明確だった。

五回表1死一塁で敬遠される星稜の松井

 「このまま終わってしまうのか。情けない。もう一度チャンスが欲しい。頼む」。6番打者の私は、怒号と悲鳴が飛び交う中、三塁ベンチを出て次打者席へと進んだ。

 前を打つ月岩がゆっくりと打席に向かう。2死一、三塁。「絶対に振れ! 初球を狙え!」。チームで唯一、長打を放った山口が、三塁で絶叫していた。

 明徳がタイムをとり、マウンドに選手が集まった。輪がとけ、月岩がバットを構える。だが、試合は再開しない。私の後方、左翼方向から「ワー」と歓声があがる。メガホンなど、色々な物がグラウンドに投げ込まれていた。試合が完全に止まった。

 それでも、月岩は打席に立ち続けた。私は呼んだ。「タイム。中断だ」。何度目かに、やっと振り向いた。滑り止めのロージンを渡し、「絶対に回せ。つなぐぞ。死球ででも出ろ」。月岩のベルト付近ををたたき、声をかけた。

 かすかにうなずいた月岩だが、その唇に色はない。星稜の選手と球場関係者が、投入物を拾いに外野へ走った。約3分。公式には記録されていない中断が、星稜の押せ押せムードに微妙な間を作った。

 「哲治(山口)が『初球を打て』と、何度も言ってきた。よし、それなら、と。ただ、中断で全てがかき消された。スタンドの相手へのヤジが、俺へのものに聞こえた。しっかりしないと。打たないと、と思った」。月岩の焦燥が増幅する。

九回表、松井の5打席連続敬遠後、投げ込まれたメガホンなどを片付けに走る選手たち

完投した明徳義塾の河野

 一方、マウンドの明徳・河野にとっては、立ち直りのきっかけを作る間になった。

 「『5回も敬遠して負けるわけにはいかない』と、心拍数も上がっていた。冷静に自分をコントロールできたかどうか。ひと呼吸置けた。月岩に集中でいいんだなと」

 5万5千人の観客が詰めかけ、騒然とする甲子園。一塁にいる松井だけが別世界にいた。1、2度、静かに目を閉じる。「瞑想(めいそう)していた。俺は野球の神様はいると信じている。月岩が打てるような力を送って下さいと祈った」。プレーが再開すると、静から動に移る。初球に盗塁した。

 「サインだった。自分が生還すれば、逆転だった」と松井。明徳バッテリーはノーマークで二塁を渡した。「マウンドで円陣を組んだとき、打者に集中という、馬淵監督からの指示を再確認した」。捕手の青木は明かす。

 変化球で追い込まれ、カウント2―2からの5球目。外角低めの変化球に、月岩は泳ぎ気味にバットを出した。三ゴロ。一塁にヘッドスライディングをしたまま、しばらく動けなかった。

 松井は三塁を回ったところで、両ひざに手をついた。

 「ああ、高校野球が終わったなって。星稜高校終了。俺たちの3年間は終わったって。そう思っていたね」

 試合中から大会本部や朝日新聞社には、5打席連続敬遠を巡って千本を超える賛否の電話が相次いだ。試合後、急きょ記者会見した大会会長の牧野直隆・日本高校野球連盟会長は「走者がいる時、作戦として敬遠することはあるが、無走者の時には、正面から勝負して欲しかった」と語った。

 この日、1度もバットを振ることなく、松井秀喜は伝説になった。

福角 元伸
福角 元伸(ふくずみ・もとのぶ)

 金沢市生まれ、41歳。1990年、星稜に入学、91年夏は補欠、92年春、夏は6番・一塁手で甲子園に出場。大産大に進み、阪神大学リーグでは、大体大にいた上原浩治とも対戦した。スポーツ紙を経て、2004年朝日新聞入社。06年からスポーツ部で巨人などプロ野球を担当。09年は大リーグのヤンキース優勝、松井秀喜のワールドシリーズMVPを現地で取材した。

  • サイトデザイン:米澤章憲
  • サイト制作:宇根真
投稿する

みんなのコメント

今なお高校野球ファンの意見を二分する、松井秀喜への5連続敬遠。1992年の明徳義塾―星稜を、綿密な取材で振り返ります。
ユーザーの皆様のコメントをお寄せください。(絵文字などは表示されないことがあります)