メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球は「がまん」 ソフトバンク柳田を作った3年間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球の思い出について語る柳田悠岐選手=安冨良弘撮影

 ■福岡ソフトバンクホークス 柳田悠岐選手

 打率3割、30本塁打、30盗塁――。昨季「トリプルスリー」を達成した福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手は10年前、広島商にいた。懸命に白球を追いながらも、あと少しで届かなかった甲子園。だがその日々が今の自分を形作ったと語る。間もなく勝負の夏を迎える「後輩たち」へのメッセージを聞いた。(松崎敏朗)

 「高校野球」と聞いて思い浮かぶ言葉は「がまん」です。毎日練習。レギュラーになろうという欲も正直ありませんでした。その日の練習を頑張るだけです。1年生の時は、夏が終わるまでグラウンドに入れませんでした。河川敷で足を合わせて腕もすごく振って、1時間行進した後、さらに足を合わせて1時間ランニングします。それからダッシュを100本。それが終わったら、もう夜です。

 楽しいと思えたのは最後の夏ぐらい。監督も「自由にのびのび楽しくやれ」という感じで。夏の広島大会では、2回戦で前年に甲子園に出た高陽東と対戦し、本塁打を打ちました。打った瞬間、「入る」と思っても、一生懸命走りました。

 もちろん甲子園は行きたかった。だけど準決勝で負けた時にはやっと終わったという気持ちが強かったです。涙も出ず、「もう、野球はいいかな」って。

 でも、高校の監督からは「まだ先がある」と言われました。そんなわけないと思って断ったんですが、何度も「絶対に続けろ」と説得されて。

 僕は「全国大会」と名のつくものには出たことがなかったんです。だったら全国大会に出場できる大学に進学しようと決めました。高校時代はやめたらダサいと思って続けたけど、それからは、「やるからには全国」がモチベーションになりました。

 大学でもプロ野球でも、毎日つらくて苦しいことがあります。でも、高校時代ほどではありません。広島商で3年間鍛えられたのは、自信になりました。高校時代に走った量、バットを振った量が、今の自分につながっています。

 みなさんは甲子園を目指して頑張っていると思います。広島から出られるのは1校だけ。それでも悔いのないよう楽しんで、頑張ってください!

     ◇

 やなぎた・ゆうき 1988年、広島市生まれ、27歳。広島商、広島経済大を経て2010年秋のドラフト2位で福岡ソフトバンクホークスに入団。昨季は首位打者のほか、2年連続ベストナインとゴールデングラブ賞に輝く。ポジションは外野手。188センチ、93キロ。

プレイバック高校野球×NTTファイナンス

スマホアプリで高校野球を楽しもう
プレイバック高校野球×NTTファイナンス
あの夏 新聞そのままプリント
夏の甲子園DVD
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200032Y45039