メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

第89回選抜高校野球大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

選抜出場の中村、恩返しの「18」 支援の男性、闘病中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中村の紹介動画

 1977年春の選抜大会で、「二十四の瞳」と呼ばれ12人の選手で準優勝した中村(高知)。あの感動をもう一度と、野球部を応援し続けてきた男性がいる。40年ぶり2回目の出場決定の連絡を受けた3日前、男性はがんを宣告された。今大会、選手は登録枠18人に届かない16人。野球部は使う予定のない背番号「18」を男性に贈った。

 「中村高校野球部を支援する会」の会長、松岡勲さん(72)は、地元の高知県四万十市で教材会社を営んでいる。

 40年前の春、快進撃を続けた中村に興奮した。準優勝した選手たちはオープンカーに乗り、市内をパレード。街に紙吹雪が舞った。

 あの時の感動をもう一度――。2001年に支援する会を結成し、市民から寄付を募って大型バスや練習器具などを寄贈。公式戦には必ず応援に赴いた。

 21世紀枠での出場が決まった1月27日、松岡さんは校長室で上岡哲朗校長や「二十四の瞳」を指揮した市川幸輝元監督らと握手を交わした。

 その3日前、松岡さんは食道がんと診断された。祝いの場にふさわしくないと、がんのことは伏せていた。「動揺させてはいかん。それにうれしいニュースが舞い込んだのに、自分の病気のことを話して打ち消すわけにはいかない」

 出場が決まってからは、松岡さんもマスコミの取材に追われた。うれしさや忙しさから体調の悪さは感じなかったが、2月8日から東京の病院で抗がん剤治療を受けることになり、上岡校長に打ち明けた。

 上岡校長から病気のことを聞いた横山真哉監督は「何とか力になれないか」と、背番号を贈ることを思いついた。

 中村のグラウンドには「想(おも)いは一つ甲子園」と書かれた白地の横断幕がかかる。支援する会がつくったものだ。主将の山本泰生君(3年)は「遠いところにも応援に来てもらった」と感謝を忘れない。

 2月22日、横山監督は松岡さん宅を訪ねた。松岡さんは高熱を出して寝込んでいたため、妻の充(みつる)さん(71)にユニホームを託して帰った。背中には「18」が縫い付けられていた。

 一緒に手渡されたはがきにはこう書かれていた。

 「この背番号は大変重いです。これからの(松岡さんの)闘いの際に少しでも力になれたらと、今回使用しない18番をユニホームに付けて同封します」

 ユニホームは、横山監督が約25年前、初めて中村の監督を務めていたときに着ていたものだ。職員室で自ら背番号を縫い付けた。背番号は少しだけ斜めになってしまった。

 受け取った松岡さんは涙が止まらなかった。不思議なことに、ユニホームを見た30分後には平熱に下がっていた。

 「甲子園に行くという奇跡を見せてもらった。熱が下がった時、中村は何か奇跡のような力を持っていると思った」と松岡さん。今月初旬には、2度目の抗がん剤治療を受け、髪の毛は全部抜けてしまった。

 4月に手術を控える。それでも「選手たちがプレーする姿を見たい」と阪神甲子園球場に行くつもりだ。(森岡みづほ)

プレイバック高校野球×NTTファイナンス

スマホアプリで高校野球を楽しもう
プレイバック高校野球×NTTファイナンス
あの夏 新聞そのままプリント
夏の甲子園DVD
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200032Y45039