メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

第89回選抜高校野球大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡)福岡大大濠・東海大福岡どう戦う 対戦校と対談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第89回選抜高校野球大会が開幕し、県勢2校は初戦に向けて、「本番モード」になってきている。対戦相手はいずれも強豪。いかに戦うか。勝負のポイントは。第3日(21日)第1試合に登場する福岡大大濠の八木啓伸監督は創志学園(岡山)の長沢宏行監督と、第5日(23日)第1試合に登場する東海大福岡の杉山繁俊監督は神戸国際大付(兵庫)の青木尚龍監督と、それぞれ語り合った。

 ■福岡大大濠×創志学園 3点差以内での勝負か

 ――相手の印象は

 八木 攻守にわたり投手の難波君が中心。防御率も低く安定感がある。

 長沢 投手の三浦君、捕手の古賀君のバッテリー中心のチーム。明治神宮大会を経験し、攻守のバランスが取れていると感じる。

 ――理想のゲーム展開は

 八木 3点差以内のロースコアで勝負するしかない。少ないチャンスをどちらがものにできるか。

 長沢 うちが勝つとすれば、先制するか、先制されても粘って終盤で逆転する。このふたつしかない。

 ――勝利へのポイントは

 長沢 ある程度変化球についていける上位の山本君と長打力のある金山君が鍵。明治神宮大会では早稲田実(東京)も足を使っていた。そういう攻撃で三浦君を揺さぶれるはず。

 八木 お互い投手が中心。こちらは、中軸の古賀君と東君が難波君を打たないと勝てない。

 ――今のチーム状況は

 八木 けが人もなく、順調に調整できている。あとは平常心を保つ心と頭の準備をするだけだ。

 長沢 例年より練習試合は多かった。上り調子だ。

 ――初戦への意気込みを

 八木 26年ぶりで初出場のような気持ちだが、浮足立たないようにしたい。

 長沢 無欲でやりたい。思う存分楽しませてやらせたいと思う。(構成・鈴木峻)(構成・鈴木峻)

 ■東海大福岡×神戸国際大付 バッテリー中心に粘りたい

 ――相手の印象は

 杉山 宿舎が一緒で、これも縁なのかなと思っている。投手力があり、打線も活発で全体的に非常にいいチームと聞いている。ぜひ胸を借りて頑張りたい。

 青木 粘り強く勝っている印象。うちは大ざっぱにならず、ワンプレーワンプレーをしっかりやらないとだめだと思っている。

 ――どのような展開にしたいか

 杉山 うちは攻撃力がいい方ではなく、バッテリーを中心に粘っこい野球で勝ってきた。そういうゲームができたらいい。

 青木 野球には流れがあり、大きな流れを渡したらだめだ。うちらしく根気よく戦っていく。

 ――警戒する選手は

 杉山 左右に好投手をそろえている。流れの中でポイントがあるので(相手打線の)中軸の前に走者は出したくない。自分たちらしく粘り強く我慢できれば。

 青木 投手の安田君はサイドスローでテンポ良く投げている。どうやって攻略していくか。守備ではエラーも出ると思うが、点に結びつかないようにしたらいい結果になる。

――試合のポイントは

 杉山 バッテリーにがんばってもらって僅差(きんさ)の展開を考えていきたい。

 青木 主導権を握って試合を進めていきたい。(構成・加藤美帆)

プレイバック高校野球

スマホアプリで高校野球を楽しもう
プレイバック高校野球
あの夏 新聞そのままプリント
夏の甲子園DVD
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200032Y45039