メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

第89回選抜高校野球大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

報徳野球の申し子・永山、5安打 投手のくせ見抜き二盗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 (20日、選抜高校野球 報徳学園21―0多治見)

■報徳学園・永山裕真外野手

 報徳野球の申し子だ。

 一回、1死からチーム初安打を右前へ。すぐさま初球に二盗を決めた。

 事前の研究で投手のくせを見抜いていた。「狙ってました。足には自信があるんで」。バッテリーも警戒し、投球を高めに外して捕手が二塁へ送球したが、50メートル5秒9の俊足で楽々とセーフに。片岡の適時打で先制の生還を果たした。

 小学時代にアルプス席で応援した報徳学園のユニホームにあこがれた。「格好ええなあ」。それを着て甲子園に出場し、目標だったという盗塁も決めた。

 それだけで終わらない。その後は「理想の打撃」という中前安打を4本。計5安打4得点の活躍で、ヒーローインタビュー台にも上がった。左隣には今大会を最後に勇退する永田監督。「うれしい。夢のようです」と笑顔がはじけた。

 1試合6安打の大会記録には届かなかった。「勝ったからいいです。次も足を使う報徳の野球をしたい」(編集委員・安藤嘉浩)

     ◇

 ○西垣(報) 先発して7回を2安打のみに封じる。「常に0―0の気持ちでマウンドに立った。冬に体幹を鍛えて、フォームを変えた成果が出た」

 ○小園(報) 3打点の活躍を見せた2年生。九回の右本塁打は公式戦初アーチとなり、「最初が甲子園で、めっちゃ、うれしいです」。

 ○永田監督(報) 今大会限りで勇退する。「泣いたらあかんと思いながら、思いっきり校歌を歌いました。最高ですよ。生徒に感謝したい」

プレイバック高校野球

スマホアプリで高校野球を楽しもう
プレイバック高校野球
あの夏 新聞そのままプリント
夏の甲子園DVD
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200032Y45039