メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(葦)ベテラン審判の甲子園卒業 安藤嘉浩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第89回選抜高校野球大会で、58歳のベテラン審判が甲子園を卒業した。長谷川次郎さん。大阪府立八尾支援学校教諭である。壮絶な打撃戦となった2006年夏の智弁和歌山―帝京で球審を務めるなど、数々の名勝負に立ち会った。

 1988年に大阪府高野連の審判となり、97年から甲子園大会に出場。「選手にとって晴れ舞台。ボークや妨害を宣告して、つらい思いをさせたくない。ある時期から、できるだけ事前に防止しようと選手に声かけなどをするようにした」

 浪商(現大体大浪商)OB。3年夏は大阪大会5回戦でPL学園に敗れた。中学の非常勤講師をしている時、2年間だけ茨木東の監督をした。83年夏に準決勝進出。桑田、清原が1年生だったPLを八回表まで1―0とリードした。

 昨夏の大阪大会、そのPL学園の最終試合には一塁塁審として立ち会った。

 選抜大会は準々決勝、報徳学園―福岡大大濠の球審が最後となった。感想を聞きにいくと、「審判は黒衣。大会が終わるまで話さんよ」と笑った。大阪大会や大学野球ではジャッジを続ける。「体が動くうちはね。野球が好きなんやな」

(編集委員)

プレイバック高校野球×NTTファイナンス

スマホアプリで高校野球を楽しもう
プレイバック高校野球×NTTファイナンス
あの夏 新聞そのままプリント
夏の甲子園DVD
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200032Y45039