メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫)兵庫の出場枠2校に 第100回全国高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来夏の第100回全国高校野球選手権記念大会の出場枠が56校に拡大されるのを受け、激戦地の一つである兵庫に二つの出場枠が与えられることになった。出場2枠は第90回(2008年)の記念大会以来。県高校野球連盟は今後、各地区の代表者らと話し合い、地区の分割方法などを決める。

 兵庫代表が2校になったのは第80回(1998年)と第90回の記念大会に続いて3度目。いずれも神戸、阪神地区を東兵庫大会、それ以外の地域の高校を西兵庫大会に分けて開催した。第90回は東兵庫に74チーム、西兵庫に89チームが出場し、東は報徳学園、西は加古川北が優勝した。

 県高野連の福留和年理事長は「チャンス拡大は加盟校にとってうれしいこと。枠が増えるのを励みに更に鍛錬してもらい、兵庫のレベルアップにつなげてほしい」。選出方法については「全くの白紙。二つに割るなどの条件がどうなっていくのか。時間をかけて考えていきたい」と話した。

 昨夏の兵庫大会には全国で5番目に多い162チームが出場。激戦地の枠拡大に、春の選抜大会に出場した神戸国際大付の青木尚龍(よしろう)監督(52)は「チャンスが広がると、選手のモチベーションも更に上がる」と歓迎した。

 同じく選抜大会で4強入りした報徳学園は第80、90回の記念大会のいずれも東兵庫を制し、甲子園切符をつかんだ。選抜後に勇退した永田裕治監督(53)に代わり、就任した大角健二新監督(36)は第80回に主将として出場した。「頂点を目指すことは同じ。次の記念大会出場が途切れないよう、全力で向かうだけ」と語った。(巌本新太郎)

プレイバック高校野球

視聴ランキング

最新ランキング

通算ランキング

高校野球ダンスコンテスト
甲子園トリックアートフォトコンテスト
スマホアプリで高校野球を楽しもう
投票! 甲子園ベストゲーム47
プレイバック高校野球×NTTファイナンス
高校野球DVD販売サイト
第99回オフィシャルグッズ
高校野球観戦記念号外
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039