メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「無名でも頑張っていれば誰かが見ている」 岸孝之投手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第99回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)の地方大会が開幕した。100回大会の節目を目前にして、今年こそ東北勢初の全国制覇への期待が膨らむ。今季から楽天イーグルスに移籍し、ふるさとのファンを沸かせている岸孝之投手も、元高校球児。当時の思い出を振り返ってもらった。

 ――中学3年生だった岸投手が進学先に選んだのは、野球では無名とも言える宮城県立名取北高校だった。

 名取北か別の県立高校かで迷って、とりあえず一番近いところって感じで選びました。私学の強豪校に行くつもりは、全くありませんでした。野球自体、どれだけやろうと思っていたか。入部前に、坊主か坊主じゃないかを確認しました。坊主じゃなくてもいいというので入ったんです。

 当時はとにかく坊主が嫌でした。進学を考えた別の高校はその年の1年生は坊主にしていたので、行かなくてよかったと思いました。そちらにいったら多分、野球をやっていない。そんななめた考えだった奴が、よくここまで来たなと思います。

――野球部に入ったが、練習はあまり熱心ではなかったという。甲子園は、はるか遠い存在だった。

 遠投はやっていました。そのころは何も考えずに、遠くにボールを投げたいなと。甲子園に行こうという気持ちは全くなかったですね。私学強豪には、完全に名前で気後れする感じでした。3年生の夏の宮城大会前は、なるべくなら勝って、同級生のみんなと少しでも長く野球をやりたいなという思いはありました。

 でも正直に言うと、大会日程が高校の球技大会とまるかぶりだったんです。そっちも出たいな、負けたら出られるなとか。そういうことも考えていました(笑)。

――そして迎えた最後の宮城大会。1回戦はコールドゲームの参考記録ながら無安打無得点の好投を見せる。1死球がなければ完全試合だった。その投球が、観戦していた東北学院大の監督の目にとまる。相手チームの主力だった息子を見に来ていた。この偶然が、岸投手の野球人生を大きく開くことになる。

 運があったんだと思います。野球は本当に何が起こるか、どこで伸びるかわからない。僕は随分適当にやっていましたが、頑張っていれば、誰かが見ていてくれるんだと思います。そして運良く今、プロ野球の世界にいます。

――2回戦は試合の途中から大雨。守備陣が乱れ、自責点ゼロながら敗れた。名取北の監督だった田野誠さんは「ここで不完全燃焼だったことが、その後の飛躍の原動力になったのでは」とみる。ただ、岸投手自身はクールに振りかえる。

 それなりの自信があって勝てると思っていましたが、田んぼのようなグラウンドだった。後悔といったら天気ぐらいで、これはどうしようもない。最後までやらせてくれた審判の方々には、本当にありがたいと思いました。

――無名の高校球児から、プロ野球界のエースへ。誰もが夢見るストーリーを実現させた岸投手。現役球児たちに贈る言葉とは。

 僕自身は野球と高校生活、両方を楽しくできたのがよかったと思っています。一回も負けないチームはほとんどない。チームがひとつになって、負けても後悔のないようにするのが一番です。

 甲子園の代表校がどこになるのかなって、プロになってからもずっと注目しています。(構成・津布楽洋一)

     ◇

 〈きし・たかゆき〉 1984年12月4日生まれ、仙台市太白区出身。名取北高校では甲子園出場経験なし。東北学院大学では2006年春の仙台六大学で35季ぶりのリーグ優勝に貢献し、日米大学、世界大学選手権の代表にも選ばれた。この年の大学生・社会人ドラフト希望枠で、西武に入団。投手陣の柱として活躍し、08年は日本シリーズMVPに輝いた。14年にはロッテ戦で無安打無得点試合を達成した。16年までのプロ10年間で103勝65敗1セーブを記録。16年オフにFAで楽天に加入した。背番号11。右投げ、右打ち。身長180センチ、体重77キロ。

プレイバック高校野球

スマホアプリで高校野球を楽しもう
高校野球DVD販売サイト
第99回オフィシャルグッズ
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039