メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥取)鳥取大会前に審判講習会 コールやルールを再確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月15日に開幕する第99回全国高校野球選手権鳥取大会(朝日新聞社、県高校野球連盟主催)の会場となる米子市車尾のどらやきドラマチックパーク米子市民球場で18日、審判講習会があった。審判委員38人が参加し、中西部地区の10高校の野球部員が手伝った。

 指導は甲子園で審判経験がある数人が担当した。参加者は「ストライク」「アウト」などのコールを発するタイミングのほか、捕手の後ろで実際の投球を判定して手の上げ方などの技術を磨いた。マウンドでは投手のグラブの構え方や足の踏み出し方を再現しながら基本ルールも再確認した。

 鳥取大会が近づいており、緊張感のある講習会となった。県高野連審判委員長の越田一義さん(73)は「審判は初心に帰ってルールを見直し、球児の手本になるような行動を心がけてほしい」と求めていた。(鈴木峻)

プレイバック高校野球

スマホアプリで高校野球を楽しもう
高校野球DVD販売サイト
第99回オフィシャルグッズ
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039