メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石川)「夏」へ、判定技術向上を 高校野球審判講習会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月14日に開幕する第99回全国高校野球選手権石川大会(朝日新聞社、県高野連主催)を前に、審判員の判定技術の向上を図る講習会が18日、金沢市北塚町の県立野球場で開かれた。

 講習会には審判員41人が参加し、県工と金沢西の選手約120人が協力。実戦形式のなか、審判員は球審や塁審を交代で務め、判定時の立ち位置や打球のファウル、フェアの見極め方などを確認した。指導員からは「セーフはしっかり指先を伸ばし、アウトは拳をしっかり握る」「もっと声を出して」などと指摘を受けていた。

 審判を務めるのが今年で9回目となる角泰男さん(51)は「講習会に参加すると、いよいよ夏が来たと実感します。3年生は最後の夏なのでミスジャッジはしないよう特に気をつけたい。選手や観客にも分かりやすい判定を心がけます」と話していた。(伊藤稔)

プレイバック高校野球

スマホアプリで高校野球を楽しもう
高校野球DVD販売サイト
第99回オフィシャルグッズ
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039