メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広陵・野村が語る、あの決勝戦 「魔物…なんですかね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第99回全国高校野球選手権大会がまもなく始まる。どんな名勝負が刻まれるか。2007年夏の決勝は、劇的に勝者と敗者が入れ替わった。広陵(広島)―佐賀北。プロ野球広島のエースとなった野村祐輔が、10年の歳月を経て振り返った。

 (2007年決勝 佐賀北5―4広陵)

 「作家さんがいるんじゃないか、という印象深い試合だった。それが決勝というのがね……」

 当時広陵のエース、野村祐輔が語り出す。2007年夏。幾多の名勝負でも実現することがなかった、史上初の決勝での逆転満塁本塁打が飛び出した広陵―佐賀北。今もなお人々の記憶に鮮烈に残る。

 広陵は二回に2点を先制。七回にもエンドランが決まった。今大会これまで無失点投球を続けていた佐賀北のエース久保貴大を崩した。野村は七回まで、被安打わずか1。「このままいけるのかな」と感じていた。

 暗転したのは、4点リードの八回だった。1死を奪ったあと、連打を浴びた。すると佐賀北が陣取る三塁側を中心に、甲子園の雰囲気が一変した。ボール球一つで、拍手と歓声は渦を巻くように増していく。

 この年、球界はプロ野球の裏金問題に端を発し、特待生問題が表面化していた。あの日、5万人の大歓声は判官びいきもあって、公立校の佐賀北には追い風となり、私立の広陵には強烈な向かい風となった。

 四球で満塁。さらに次打者へ、3ボール1ストライクからの球が際どく外れた。押し出し。野村が顔をゆがめる。三塁手で主将の土生翔平が声をかけたが、大歓声にかき消され、野村には届かない。

 迎えた打者は3番の副島浩史。内角高めの球で上体をおこす。そして、決め球を低めに落とすはずだった。だが、カウント1―1からのスライダーは高く、中へ。逆転満塁本塁打――。

 「今までにない感情だったんじゃないかな」。打球の行方を見つめたその表情は、笑っているようでも泣いているようでもあった。以降、野村の記憶はゲームセットまで途切れている。

 「甲子園の魔物、なんですかね。結果だけ見れば、のみ込まれた感じですけど」

 後日談がある。広島に戻った広陵は、選手だけのミーティングを開いた。「準優勝で良かったという人生を送れるように、これから頑張っていこう」。土生を中心に誓い合った。

 屈辱を味わった9人のうち、4人が大学や社会人を経てプロに進んだ。野村、土生、遊撃手の上本崇司は広島に。捕手の小林誠司は巨人に入団した。野村は16年に最多勝を獲得し、小林は17年のワールド・ベースボール・クラシックで日本代表の正捕手をつかんだ。「日本一になれなかった悔しさがあったから、大学で頑張れた」と野村は言う。(吉田純哉)

     ◇

 〈野村祐輔 のむら・ゆうすけ〉 岡山県倉敷市出身。明大を経てプロ野球広島に入団。2012年に新人王、16年に最多勝と勝率1位のタイトルを獲得。

 ■野村選手のメッセージ色紙プレゼント

 全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)の名勝負・名試合を選ぶ企画「投票! 甲子園ベストゲーム47」を、朝日新聞デジタルで実施中です。都道府県ごとに10試合をエントリーしており、みなさんからの投票を募っています。結果は、公式ランキングとして8月に発表します。

 投票いただいた方の中から抽選で、選手権大会(夏の甲子園)のいずれか1試合を完全収録したDVD(30名様)、または、野村選手らプロ野球選手のメッセージ色紙(36名様)をプレゼントします。いずれかの試合に投票後、応募ページからご応募ください。

■試合映像で振り返る大型企画スタート

 8月の公式ランキング発表後、各都道府県ごとに特に注目の1試合をピックアップして、大型企画で振り返ります。当時の選手や関係者を再び取材し、計47試合を当時の試合映像や記事で紹介します。99回大会終了後、随時更新予定です。

スマホアプリで高校野球を楽しもう
高校野球DVD販売サイト
第99回オフィシャルグッズ
高校野球関連グッズ販売
第48回 明治神宮野球大会
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039