メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪桐蔭・福井から中川へ主将のバトン 「心折れるな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ■担当記者が振り返る夏の甲子園

 あのガッツポーズを、大阪桐蔭の捕手、福井章吾は後悔しているだろうか。

 仙台育英との3回戦は、1―0でリードして九回を迎えた。2死一、二塁で遊ゴロが飛んだ。守備の良い泉口友汰が軽快にさばき、一塁へ送球。楽々アウトのタイミングだ。その時、福井は右の拳を高く掲げた。

 が、一塁手の中川卓也がベースを踏み外し、セーフに。直後に逆転サヨナラの二塁打を浴びた。

 福井は中越えへの打球をぼうぜんと眺めたが、2人目の走者が本塁を駆け抜けた時、表情がゆがみ、涙があふれた。試合後は「遊ゴロで勝ったと思った。それが『隙』でした」と、現実を受け入れられないような表情で言った。

 これほど仲間から、そして監督からの信頼が厚い主将はなかなかいない。

 「グラウンドにもう一人監督がいる」とは泉口。なかなか選手をほめない西谷監督も「このチームは福井が作った」と言うほどだ。

 言葉で引っ張る主将は、授業で心に残ったフレーズをミーティングで使うこともしばしばだった。「人を信じられない者は、人に信じてもらえない」と漢文の授業で習えば、「仲間を信じることの大切さ」としてチームメートに説いた。

 あの時、ベースを踏み外した一塁手、2年生の中川は誰よりも福井を尊敬する。新チームでは主将。あの夜、福井から「お前の心が折れたらあかんぞ」と励まされた。福井の後継者が作り上げるチームを、見守っていきたい。(山口史朗)

スマホアプリで高校野球を楽しもう
高校野球DVD販売サイト
第99回オフィシャルグッズ
高校野球関連グッズ販売
第48回 明治神宮野球大会
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039