メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島)広陵―広島新庄戦で開幕 秋季県高校野球大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 16日から始まる秋季県高校野球大会兼第129回秋季中国地区高校野球大会県予選会(県高野連主催、県教委共催、朝日新聞広島総局など後援)の組み合わせ抽選会が11日、尾道市のびんご運動公園であった。抽選の結果、開幕戦では今夏の広島大会決勝の組み合わせと同じ広陵と広島新庄が対戦する。

 大会は6球場であり、県内6地区のリーグ戦の上位44校が出場。開会式は16日午前8時半から、三次市の三次きんさいスタジアムで開かれ、広島新庄の古川智也主将(2年)が選手宣誓する。主務の清水涼太郎君(同)は「夏に負けた広陵とは、3年生の思いを胸に全員で戦いたい」。広陵のマネジャーの金川淳士君(同)も「広島新庄は絶対負けられないライバル」と話した。

 入場料は600円(中高生200円、小学生以下無料)。30人以上の生徒の応援団は1人100円になる。決勝は10月7日午後0時半から、しまなみ球場(尾道市)での予定。上位4校は、同月27日から同球場などで開かれる中国地区大会に出場し、その結果などで春の選抜の出場校が決まる。(新谷千布美)

スマホアプリで高校野球を楽しもう
高校野球DVD販売サイト
第99回オフィシャルグッズ
高校野球関連グッズ販売
第48回 明治神宮野球大会
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039