メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

静岡)秋の高校野球は静岡が優勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第70回秋季東海地区高校野球県大会(県高校野球連盟主催)の決勝が7日、草薙球場であり、静岡が常葉大菊川を9―7で破った。3位決定戦では常葉大橘が静岡市立に5―0で勝った。上位3校は21日から愛知県で開かれる東海大会に出場する。

 ■盛り上げの先頭 逆転本塁打 静岡・山本貫太君

 七回裏、3点を追う静岡の攻撃。打線がつながり1点差とし、2死一塁で山本貫太君(2年)に打順が回った。「来た球を打つだけ」と高めのスライダーを振り抜くと、打球は左翼席に一直線。「観客の歓声で気づいた」という逆転の2点本塁打は記念すべき高校第1号。ベンチで喜びを爆発させた。

 「練習通りやろう」と考え込み、思うように結果が出なかった今大会。「調子が悪くても声は出せる」と先頭に立ってチームを盛り上げてきた。栗林俊輔監督も「チームが苦しいときほど空気を変えてくれる存在」と評価する。

 1点差まで追い上げた五回には満塁で凡退したが、「感覚は悪くない」と気持ちを切らさなかった。「忘れかけていたけど、自分の持ち味は長打力」。春の選抜がかかる東海大会に向け、頼もしい表情で話した。(華野優気)

プレイバック高校野球

スマホアプリで高校野球を楽しもう
高校野球DVD販売サイト
第99回オフィシャルグッズ
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039