メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福島)聖光学院が初戦敗退 明治神宮大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月14日03時00分

 神宮球場(東京都)で行われている第48回明治神宮野球大会(明治神宮、日本学生野球協会主催)に東北地区代表で出場した聖光学院は12日、創成館(九州地区代表)と対戦し、4―6で敗れた。神宮大会初出場を果たし、優勝を目指した聖光学院だったが、初戦で姿を消した。

 聖光学院は4点を追う二回、須田、星の連打で好機を作り、大松が左越え適時二塁打を放つ。さらに高坂の内野安打の間に二塁走者の小室が好走塁で生還し、この回3得点で追い上げた。

 先発衛藤は序盤、甘く入った球をはじかれ4失点。四回以降は継投の上石が勝負どころで踏ん張り無失点に抑えた。2点を追う九回に1死二、三塁の好機を作ったが横堀、矢吹が連続三振に倒れ、及ばなかった。

 ■全国のレベル「体感できた」

 「思っていたより打たれ自分も動揺してしまった」

 試合後、捕手の大松将吾君(2年)は一回表の守備を悔しそうに振り返った。

 冷たい朝の空気が残る初回、失策を皮切りに先発衛藤慎也君(同)が2死から3連打を浴びて3失点。あっという間に創成館のペースに飲み込まれた。大松君も衛藤君に落ち着くように声をかけられず「持ち味を引き出せなかった」と反省した。

 甘いコースの球を確実に捉えられ「東北大会なら打ち損じもあった。でも全国では打たれる」と全国のレベルの高さを体感した。

 一方で、収穫も。東北大会で投げる機会が少なかった高坂右京君(同)と上石智也君(同)が継投で踏ん張り、四回以降は無失点に抑えた。「全国の相手でも気持ちが乗った良い球だった」と大松君は評価した。

 「神宮大会に出場できたことは財産になった。来春の選抜に向け、これからしっかり準備して臨みたい」(飯沼優仁)

スマホアプリで高校野球を楽しもう
高校野球DVD販売サイト
第99回オフィシャルグッズ
高校野球関連グッズ販売
第48回 明治神宮野球大会
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039