メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

創成館と明徳義塾、対照的な投手起用が鍵 神宮見どころ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野球の明治神宮大会は14日、高校の部の決勝が行われる。見どころを紹介する。

 【創成館(九州・長崎)―明徳義塾(四国・高知)】

 どちらも打線が好調だが、投手起用は対照的だ。

 創成館は3試合を4投手で勝ち上がった。左腕の川原、七俵、右腕の伊藤、戸田。誰が投げても試合を作れるが、明徳打線は上位に左打者が並ぶだけに、川原か七俵が先発か。ここまでの3試合同様、それぞれが良い形で後ろの投手につなげたい。

 一方の明徳は右横手の市川が2試合連続完投。神宮球場の硬めのマウンドに順応し、準々決勝よりも準決勝の方が出来が良かった。決勝は連投となるが、大崩れの心配はない。

 打線はつながりの良さでは創成館、長打力では明徳義塾。創成館はノーステップ打法で粘り、連投の市川をつかまえたい。明徳は静岡の左腕鈴木を終盤に攻略した準決勝同様、右打者の安田、谷合の奮起に期待。(山口史朗)

スマホアプリで高校野球を楽しもう
高校野球DVD販売サイト
第99回オフィシャルグッズ
高校野球関連グッズ販売
第48回 明治神宮野球大会
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039