メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎)創成館が準優勝 明徳義塾に敗れる 明治神宮大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月15日03時00分

 東京・神宮球場で開かれていた第48回明治神宮野球大会の高校の部で、九州地区代表の創成館は14日、決勝で四国地区代表の明徳義塾(高知)と対戦し、0―4で敗れ、準優勝となった。目標としていた「全国制覇」をあと一歩のところで逃したが、初出場ながら全国の強豪校を相手に堂々とした戦いを見せた。

 ■持ち味生かし4投手リード 捕手・平松大輝君

 創成館の投手層は厚い。今大会もタイプの違う4投手がマウンドに上がり、決勝まで勝ち進んできた。捕手の平松大輝君(2年)はその4投手全員の球を受けてきた。

 多彩な投手に対応する平松君が心がけていることの一つが「コミュニケーション」だ。決勝の試合中も、ピッチャーの投球でボールが続くと首を振り、「力抜いていこう」「ちゃんと投げろ」。何度も立ち上がって声をかけた。ブルペンでも試合中も、「ダメなところはダメ」と厳しいこともしっかり伝える。

 そんな平松君がキャッチャーの役割と話すのが、「ピッチャーの持ち味を生かすこと」。上手投げと横手投げを使い分ける伊藤大和投手には、打者を見ながら投げ方のサインも出す。試合中、打者が足でとるタイミングやファウルの仕方を見ながら配球を組み立てる。「打者に『合わない』球を投げないと、打たれてしまう。そこはしっかり、自分が考えてやっていかないといけない」

 明徳義塾との決勝では、投げ急いでいる「焦り」も投手陣から感じられた。「自分たちの野球ができずに、力の差を見せつけられた。相手チームが狙い球を絞ってきていることにも早めに気づけていたら……」。あと一歩のところで優勝を逃した悔しさを強く感じながらも、「バッテリーとしてまだまだ課題が多い。冬の間に一から作り直して、選抜大会では優勝できるようがんばりたい」。すでに春を見据えていた。(田中瞳子)

スマホアプリで高校野球を楽しもう
高校野球DVD販売サイト
第99回オフィシャルグッズ
高校野球関連グッズ販売
第48回 明治神宮野球大会
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039