メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

亡き母に捧げた優勝…明徳・馬淵監督の涙に選手奮い立つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 (14日、明治神宮大会決勝 明徳義塾4―0創成館)

 どうしても勝ちたい理由が、明徳義塾の選手たちにはあった。

 「今までは監督の力で勝たせてもらってきた。今回は自分たちで引っ張って勝つ」。エースの市川は強い覚悟で連投のマウンドに上がった。

 13日の準決勝後、選手たちは馬淵監督が涙を流しているのを見た。監督の母、中本アキさん(享年95)が大会中に亡くなっていた。

 監督は選手たちに何も告げなかった。「勝負の世界に入れば、我々の立場では、そういうことを考えずにやった方がいい」

 だが、周囲から伝え聞いた選手たちは前夜の宿舎で「優勝して監督を男にしよう」と誓い合った。

 監督から「内角球の使い方」など、全国で勝てる投球術を教わった市川は、序盤からぐいぐい飛ばす。右足の内転筋を痛め、右手中指の爪が割れていても、関係ない。「疲れなんかないし、そんなこと気にしていたら負ける」

 直球もスライダーも、今大会3試合目で一番の出来。高知県大会から数えて10試合目。秋の公式戦をひとりで投げ抜き、94球の4安打完封で締めくくった。

 「子供たちには関係のないことですから」と最後まで気丈に振る舞った馬淵監督だが、こうも言った。「でも、考えてやってくれていたなら、うれしいですね」

 アキさんには、東京へ発つ2日前に会ったのが最後。通夜にも、告別式にも参列はできなかった。その代わり、教え子たちの思いもこもった神宮制覇のウィニングボールを、墓前に届ける。(山口史朗)

スマホアプリで高校野球を楽しもう
高校野球DVD販売サイト
第99回オフィシャルグッズ
高校野球関連グッズ販売
第48回 明治神宮野球大会
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039