メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長野)上田西と佐久長聖が決勝へ 高校野球春季

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第138回北信越地区高校野球県大会(春季)の第4日の16日、準決勝の2試合が、しんきん諏訪湖スタジアムであり、勝った上田西と佐久長聖が17日の決勝に進み、6月2日開幕の北信越大会(石川県)に出場する県代表の2校に決まった。

 第1試合は上田西が、持ち前の機動力と敵失に乗じたスキのない攻めで松本深志を圧倒し、8―1で八回コールド勝ち。第2試合は松商学園に4点を先取された佐久長聖が、三回に9長短打を集める打者13人の猛攻で逆転し、12―4で七回コールド勝ちした。