メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載「あの夏」

手拍子とともに、「伊藤」コールが広がっていく。九回2死満塁。本塁打が出れば同点の場面で、打席には甲子園を一人で投げ抜いてきた日本文理のエース伊藤がいた。[続きを読む]